FC2ブログ
12// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //02
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

なぜ原発推進派は「アベ政治を許さない」と言わないのか? 

今回は最近話題になった、経団連の中西会長の原発に関連する発言の感想などを少々、という感じです。

‖ 中西経団連会長のやる気と現状認識を疑う

「原子力を人類のために」経団連会長、原発再稼働を訴え
2019年1月16日 https://archive.fo/9LGKU #朝日新聞

一部抜粋

 経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は15日、原発の再稼働が進まない状況について、「私はどんどん進めるべきだと思っている。原子力というエネルギーを人類のために使うべきだ」との見解を示した。そのうえで「原子力に関する議論が不足している」と述べ、政界や学界などを巻き込んだ討論会の開催を訴えた。



原発輸出はもう限界、民間企業には無理。と思いきや、どんどん再稼働、国民的な議論を進めよう。そのような発言で話題になった経団連の中西会長。

中西氏の発言に際しては様々な見方も可能(ただし日刊ゲンダイはダメですw)でしょう。私の感想としては、どうにもこの方の原発推進派としてのやる気のなさ、あるいは現状認識を疑うような発言が目立ちます。

中西氏は、かねてより原子力は「人類」のために必要であると発言しています。

しかし、原発の利用を人類史的な壮大なスケールで考えているのであれば、単年でたったの3000億の損失でイギリスへの輸出を凍結するとか、民間では限界だとか、何を寝ぼけたことを言っているのだろうと。人類のためです。原子力事業に喜んで身を投じるべきなのです。たかが日立の1つや2つが何ですか。

「皆、原発話は選挙落ちると…」再稼働で経団連会長
2019/01/15 https://archive.fo/MZbBC #テレ朝NEWS

一部抜粋

「原発の議論をすると選挙に落ちる」と分析しました。

 経団連・中西宏明会長:「福島以降、原子力の真正面からの議論が不足しているのではないか。皆さん、それを言い出すと選挙に落ちると」



議論をすると選挙に落ちる?そんなわけはありません。むしろ即時ゼロみたいなことを主張する候補は即落選ですw原発事故から間もない頃、経済界から、世論が原発に反対なら、みんな社民党か共産党に投票しているという話が聞かれました。現実には、原発ゼロは無責任と主張する自民党が圧倒的に強いわけですから。

上記2つの記事で、中西氏は国民的な議論を進めるべきと仰っていますが、これもおかしいのです。原発は良くも悪くも政治主導で行われてきたもので、これは各国共通と言って差し支えありません。つまり、国民は関係ありません。原子力とは、元来「民は由らしむべし、知らしむべからず」的な技術なのです。

‖ なぜか政治もやる気がない

原発輸出、中ロのような政府の資金支援は考えず=菅官房長官
2019/1/18 https://archive.fo/Rvz30 #reuters

一部抜粋

菅義偉官房長官は18日閣議後の会見で、原発輸出に関して、ロシアや中国と同じように国策として政府が資金支援することは考えていないと否定した。
日立製作所(6501.T)が昨日、英国での原発輸出計画について「凍結」すると発表したことに関連した質問に答えた。



世耕経産相、今後の原発輸出に意欲 「平和利用に責任」
2019年1月18日 https://archive.fo/wt6zp #朝日新聞

一部抜粋

世耕弘成経済産業相は18日の閣議後会見で、原発輸出政策について「相手国の意向も踏まえて平和利用や気候変動問題への対応に責任を果たす方針に変わりない」と述べた。‥世耕氏は‥原発を今後利用したいと思っている国がマジョリティー(多数派)。原発事故を経験した日本の技術が世界に貢献できる可能性はある」と強調した。
 一方、原発輸出で国の財政支援を強める考えについては「基本的には事業者が判断すべきことだ」と慎重な姿勢を示した。



一方で政府も、原発メーカーを積極的にサポートする姿勢を見せようとしません。今回のように雲行きが怪しくなると、なにかにつけて「民間、事業者の判断」として、推進してる割には消極的という、よくわからない感じです。

安倍内閣は、先の世耕氏の発言に見られるような「日本の原発技術を世界に貢献する」という、先の中西氏のようなスケールの大きな目標を掲げています。

そうであればこそ、これも「1つや2つ」の精神が必要なのではないかと思うのです。日本ではなく世界のためです。コスト的に優位に立つロシア・韓国・中国。そのうちインドも台頭するでしょう。今後競争はますます激化します。日本が本気でこれらの国々に勝ちたいと思うのなら、そこに採算性が介在する余地などありません。

‖ 原発推進を阻害しているのは安倍政権である

原発ゼロは無責任であり、安全の確認された原発は再稼働する。現実はこの通りになっているわけですが、これによって安倍内閣の支持率が低下するとか、間違っても政権交代が起きるなんてことはありません。政治にとって原発問題はリスク要因とはならないのでしょう。

小泉元首相は常々、安倍首相を評して、原発ゼロを実現できる恵まれた環境にいる(それをしないのが残念)と仰っています。

しかし、これを逆に考えると、原発を推進しやすい恵まれた環境にいるとも言えるでしょうね。周りに敵がいないんですから。おやりになるなら遠慮せずにどうぞとwでもなぜかそうしないんですよね。理由はまったくもってわかりません。

安倍内閣は原発推進と言われますが、実態は全く異なります。意欲が伝わってこないし、実績もゼロに近い。先の「日立・日本の1つや2つ」は少し大げさでしたが、そこまで行かないにしても、安倍政権には原発に執着する姿勢が弱い。むしろ安倍政権が日本の原発産業にダメージを与え続けているという見方が適切かと思います。

このあたり、推進派の論調も不可解なものが多いです。読売・産経の社説等でも、その批判の矛先は主に反原発派や、原発ゼロを望む世論です。つまり、実質的な権限を持たない層ばかりで、より重要な、推進の旗振り役の無能さを批判するケースはまれです。あるとしてもそれは「殴ると撫でる」の違いで、相当手心を加えた内容です。

そうですね、いわゆる「アベ政治を許さない」は、原発推進派こそが掲げるべきスローガンです。

そういえば、安倍総理は常々「原発依存度は可能な限り減らす」と仰っています。少し前に総裁選に出馬した石破茂氏もそうでした。その他の総理候補なんて呼ばれる方からも、原発を増やすという主張は見られません。自民党は業界的には冗談じゃないという人材ばかりのようです。


 このあたりの話は当ブログでは何度も説明しています。歴史的に、元来革新系の政党は原発推進で、社民・共産党は各々が反原発の元祖と主張するわけですが、これは大ウソです。ウソを見抜けないとすれば、推進・反対の立ち位置にかかわらず、単なる勉強不足と言わざるを得ません。

しかし、反原発の団体、有識者等は、特に外交安全保障面で革新系が掲げる政党と相性がよく、その意味では左派です。一例を挙げれば、反米、米軍基地・自衛隊反対、非武装中立、親中・北朝鮮。私が常々主張している、反原発=左翼は歴史的には完全に間違いだが、俗論としては正しいというのはそういう意味です。

世論は確かに原発に反対ですが、外交安全保障はリアリストの側面を持ちます。そのため先の経済界の方の発言のような結果になるのです。原発反対で、その上で歯の浮くような事ばかりを並べ立てる政党・候補者は、基本的に投票の対象とはなりません。

本来、原発の是非に右も左もないはずが、その実、反対を掲げる団体や活動家は、どうしてもその流れを「左」に寄せようとする。小出先生みたいに「北朝鮮が核兵器を持っても大したことはない」なんて、一般人がそんな話に乗るわけがないのですwこのあたりが日本の原発反対論の限界であると私は見ています。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/20のツイートまとめ 

energynewsscrap

イラン、衛星軌道投入に失敗=米の反発無視し打ち上げ2019/1/15 https://t.co/W1GXEqSp2U #時事通信
01-20 16:19

EV電池で新会社=20年、中韓勢に対抗-トヨタ・パナソニック2019年01月20日 https://t.co/u6wnySpkUj #時事通信
01-20 16:15

総合電機のお手本、GEからシーメンスにデジタル製造業への転身を急ぐ2019/1/20 https://t.co/gSuR9UZ4n5 #ニュースイッチ
01-20 16:11

出入機警報で5回目の中断 もんじゅ燃料取り出し(福井県)2019/1/18 https://t.co/Ac7uVxBXAN #日本経済新聞
01-20 16:07

社説 米朝首脳再会談 非核化の成果が不可欠だ2019.1.20 https://t.co/UVV1N61Og3 #産経新聞
01-20 16:03

社説 脱フロン対策 温暖化防止へ削減急げ2019年1月20日 https://t.co/AwaI8Fq43R #朝日新聞
01-20 16:01

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/19のツイートまとめ 

energynewsscrap

※メキシコのパイプライン爆発、死者66人に2019/1/19 https://t.co/m7wK6EJzxQ #共同通信
01-19 23:01

福島・伊達市、同意有無も提供被ばく論文問題、調査委に報告へ2019/1/19 https://t.co/jrwpZHgZKl #共同通信
01-19 19:05

メキシコで送油管爆発、21人死亡 ガソリン窃盗が原因2019.01.19 https://t.co/NmjLe2Xgrf #cnn
01-19 19:00

トランプ氏と金氏側近会談、首脳会談は2月末ごろ開催へ2019/1/19 https://t.co/0nl4Snzmnq #tbs
01-19 19:00

電力使用データ開放へ 政府検討 匿名化し新ビジネスに活用2019/1/19 https://t.co/DTtZeqm1qy #毎日新聞
01-19 19:00

海南発電所3月末で廃止する方針(和歌山県)2019/1/16 https://t.co/YIZozwxQsj #nhk
01-19 19:00

伊方原発 敷地内で作業車転倒 通報遅れ 四電に抗議(愛媛県)2019年1月19日 https://t.co/jcGb7Ijgfi #愛媛新聞
01-19 19:00

河川のセシウム...現在も濃度減少 南相馬・太田川、浪江・請戸川(福島県)2019年01月19日 https://t.co/NSWrOwXVHe #福島民友
01-19 19:00

社説 原発輸出総崩れ 成長戦略の誤り認めよ2019/1/19 https://t.co/MO8N8mT1Yp #東京新聞
01-19 17:05

社説 原発輸出 失敗認め戦略の転換を2019年1月19日 https://t.co/X4alz8oyXG #朝日新聞
01-19 17:03

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/18のツイートまとめ 

energynewsscrap

加速器の誘致 科学界の合意が前提だ2019年1月18日 https://t.co/ifBjUgpdjs #朝日新聞
01-18 22:02

英原発建設中断の日立、推進派・中西会長の警鐘2019/1/17 https://t.co/TzPvEiivSS #日経ビジネス
01-18 21:58

世耕経産相、今後の原発輸出に意欲 「平和利用に責任」2019年1月18日 https://t.co/Hsa8MPTJQa #朝日新聞
01-18 21:56

菅長官「原発技術の維持・強化は不可欠」2019.1.18 https://t.co/xzS2ogmHtR #sankeibiz
01-18 21:54

原発輸出、中ロのような政府の資金支援は考えず=菅官房長官2019/1/18 https://t.co/FKgzGUmohq #reuters
01-18 21:52

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/17のツイートまとめ 

energynewsscrap

エネルギー業界関係者、国際協力の強化を呼びかけ(中国)2019-01-17 https://t.co/KRjMAgXZx2 #cri
01-17 22:00

天ぷら廃油で飛行機をフライ! バイオジェット燃料、国産初の実用化へ 北九州などの産学官2019年01月14日 https://t.co/HV2qPh0g8t #西日本新聞
01-17 22:00

規制委 高浜原発に警報ない津波の影響評価要求(福井県)2019/01/17 https://t.co/Fetgt6nkrP #テレ朝NEWS
01-17 22:00

日立、英政府と協議継続2019/1/17 https://t.co/k0IzkWQFQC #共同通信
01-17 22:00

日立 イギリスでの原発建設計画凍結 約3000億円損失計上2019年1月17日 https://t.co/whKvnW65w5 #nhk
01-17 22:00

北朝鮮の核計画、ひそかに進行か-トランプ米大統領に圧力2019/1/15 https://t.co/3dEmFLNqZU #bloomberg
01-17 01:00

市民の被曝線量を過小評価した論文 専門家が新たな疑問2019年1月16日 https://t.co/zZnfwmgUNG #朝日新聞
01-17 01:00

「皆、原発話は選挙落ちると…」再稼働で経団連会長2019/01/15 https://t.co/prkU3t73VE #テレ朝NEWS
01-17 01:00

「原子力を人類のために」経団連会長、原発再稼働を訴え2019年1月16日 https://t.co/Lu8nGB6T29 #朝日新聞
01-17 01:00

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

北海道の冬季電力需要の特徴について少し考えてみる 

‖ 需要のピークは冬に来る

全国的には電力需要のピークは夏場ですが、北海道の場合は冬。こちらについてはブログの記事でも何度か触れてきましたし、それ以前にご存知の方もいらっしゃると思います。

それでは具体的にはどのあたりなのかといえば、目安としては年明けから寒の入りに入る時期、ちょうど今頃から2月の中旬くらいまでが北海道の電力需要のピークと言えるでしょう。

‖ ピークにかんする興味深い現象

hokuden2013126_n1.png

こちらは今から6年ほど前の北電のでんき予報です。昨年の大掃除のときにたまたま見る機会があって、年明けにこのネタを記事にしようと考えました。

こちらは需要が少なめの土曜日とはいえ、冬場は暖房やロードヒーティング等を欠かすことが出来ないため、需要は夏の最盛期(450万kW前後)を大きく上回ります。

そしてこの図を見て、すぐに「変だな?」と思われた方はスルドイですよ。思い当たらない方のために答えを明かしますと、予想最大電力の時間帯が朝の「3~4時」という箇所ですね。

一般的なイメージとしては、電力需要は午後から夕方にかけてがピークという感じでしょう。ならば北海道も季節は違ってもだいたい似たような傾向になるはずだと。

実は冬場の北海道も基本的には夕方がピークになることが多いのですが、先の図のように、時間帯が入れ替わるように、明け方・あるいは午前中という事例も少なくないのです。この辺りは気象条件の影響が原因でしょう。例えば夜中に大雪となれば、朝に備えて需要が伸びます。当然北電はそのような情報を織り込み済みです。

もちろん、このような奇妙な予報は私が意図的に選んだ印象操作では全くなく、ホントにたびたび起きることなのです。例えばつい先日の、2019年1月14日(月曜日・祝日)のでんき予報でも似たような傾向になっています。



このように、当日の最大需要予測は477万kW(4~5時)となっています。

hokuden2019114_n1.png

グラフの当日実績(オレンジ色の線を参照)を見ると、ほぼ予測のとおり、明け方の4~5時(3から?)の時間帯が最も電力需要が多かったことを示しています。

ちなみに、14日夕方時点の翌日(15日・火曜日)の予報は、同じく「4~5時」でしたが・・

hokuden2019115_n1.png

hokuden2019115_n2.png

翌日、気がついたときには当日の予測が「9~10時」になっており、実際そのような需要の推移となりました。

以前も何度か似たようなことがあった記憶がありますが、冬場の電力需要の予測は結構ばらつきが見られるような気がします。今は気象予測もリアルタイムに近いようですし、事前の予測が変わればでんき予報も変わるということでしょうか。特に冬場はいろいろ起きますからね。

そして、翌日16日(火曜日)の予想は17~18時となっています。実際にそのようになったのかは知りませんがw

‖ まとめ

今回の記事で紹介したような、ピーク時間が入れ替わる現象は、私が見た感じでは、先に上げた目安の時期、つまり今時期が一番起きやすいような気がします。

また、ピークとは言っても、先の月曜のグラフを見ると、午前(4~5時)と午後(17~18時)のピークの差はそれほどでもないとも言えると思います。北海道の冬場は毎日ピークが2度訪れると言っても差し支えないと思います。

さらに、翌日の火曜日のグラフを見ると、今度は休日の午前から夕方にかけての需要減をそっくり取り返すような形になっています。数字上はピークは午前中にあったとはいえ、ボトム(谷)との差はあまり見られません。そのためどこがピークなのかわからないような感じです。


 グラフを見た感じでは6時台がピークのようにも見えますが、北電の電力使用状況データ(2019/1~)によると、同時間帯の平均は462、9時台が468、17時台が466万kWとなっています。ほとんど差は無いですけどね。

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/15のツイートまとめ 

energynewsscrap

文政権初の国防白書…「北朝鮮は敵」の文言を削除=韓国2019年01月15日 https://t.co/bYFUTDOvr9 #ワウコリア
01-15 19:00

粒子状物質「脱原発政策とは無関係」=韓国大統領府2019/1/15 https://t.co/oveKiTiacK #朝鮮日報
01-15 19:00

トランプ氏がNATO離脱意向も2019年01月15日 https://t.co/uC4i7vBf41 #時事通信
01-15 19:00

社説 核製造企業への融資禁止 廃絶に向け民間も責任を2019年1月15日 https://t.co/Wu3nasYJUX #毎日新聞
01-15 19:00

あまおう農家、電気代節約に落とし穴 訪問販売ブレーカー導入 基本料金月2倍以上も(福岡県)2019/1/15 https://t.co/pW6b7nKA73 #西日本新聞
01-15 19:00

関電、3年間で500人削減へ 送配電部門の分社化で2019/1/15 https://t.co/brX1lFJ37m #朝日新聞
01-15 19:00

再稼働「どんどんやるべき」と経団連会長2019/1/15 https://t.co/oIEBBNuveD #共同通信
01-15 19:00

柏崎市長「再稼働条件まだある」東電社長と会談(新潟県)2019/1/15 https://t.co/od3Bw8RgPA #共同通信
01-15 19:00

東京電力小早川社長「廃炉計画6月までに回答」(新潟県)2019/1/15 https://t.co/IeU0MKMssl #新潟テレビ21
01-15 19:00

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/14のツイートまとめ 

energynewsscrap

日本の地熱発電、高い存在感…アフリカに活路2019/1/13 https://t.co/wQb6YtBMwx #読売新聞
01-14 21:39

福島・被ばく論文、撤回不可避に伊達市からデータ再提供得られず2019/1/14 https://t.co/c3E9AvSe8r #共同通信
01-14 21:37

北朝鮮の対中輸出10分の1に=中国税関、制裁厳格化で打撃2019/1/14 https://t.co/w7DG1ybpka #時事通信
01-14 21:33

社説 文大統領と北朝鮮 「制裁緩和」軽率に語るな2019.1.14 https://t.co/YYP40kfGM4 #産経新聞
01-14 21:31

イスラエルがイラン武器庫を空爆シリアの空港で、首相が異例発言2019/1/13 https://t.co/phyjgcanGo #共同通信
01-14 21:29

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/13のツイートまとめ 

energynewsscrap

京セラコミュニケーションシステム株式会社 プレスリリース 100%再生可能エネルギーゼロエミッション・データセンターを北海道石狩市に開業再生可能エネルギー利用の可能性を実証2019年01月07日 https://t.co/bFCZ9PbBxP
01-13 18:58

丸紅、再エネ容量2倍計画 脱・石炭火力、新規開発取り組まず (2/2ページ)2018.12.31 https://t.co/4kDNyOooqo #sankeibiz
01-13 18:56

丸紅、再エネ容量2倍計画 脱・石炭火力、新規開発取り組まず (1/2ページ)2018.12.31 https://t.co/rSbr8OrDQ6 #sankeibiz
01-13 18:54

福島第一原発の廃炉、作業員を支えているモノ2019/1/12 https://t.co/j8TcO8AkWl #ニュースイッチ
01-13 18:50

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

【動画】 岐路に立つ日本の原発輸出 

岐路に立つ日本の原発輸出
2019/1/12 https://archive.fo/q8KLL #tbs

一部抜粋

日本が国家戦略として進めてきた原発輸出だが、英国での建設計画は凍結が固まりすべての計画が事実上ストップしている。
各国の現場を取材。





関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top