11// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //01
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

12/30のツイートまとめ 

energynewsscrap

中国エネルギー消費、17年ぶり低い伸び 15年見通し 2015/12/29 https://t.co/MqOJwWC32x #日本経済新聞
12-30 13:51

東芝、成長見込む医療事業の売却打診…争奪戦も2015/12/30 https://t.co/C104YEzLub #読売新聞
12-30 13:50

3000億円の追加融資枠=構造改革へ資金確保―東芝2015/12/29 https://t.co/tayUrVEjK9 #時事通信
12-30 13:50

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/29のツイートまとめ 

energynewsscrap

【森林除染方針】何とも割り切れない2015/12/29 https://t.co/S3qNXBxo2K #福島民報
12-29 18:48

おが屑、わら、緑茶を石炭に2015年12月29日 https://t.co/pJBO2iWGEM #ロシアNOW
12-29 14:55

電力小売自由化、国の登録受けた業者が100を超す2015/12/29 https://t.co/EzPdO0f0XS #朝日新聞
12-29 14:54

九電が生活支援事業…競争激化で顧客つなぎ留め2015年12月29日 https://t.co/Pt1XJ02eqa #読売新聞
12-29 14:54

福島の商工業者 地元再開4割希望2015/12/29 https://t.co/owGeC1BWfF #河北新報
12-29 14:53

もんじゅに運転と研究の分離案 文科省、運営主体検討会が初会合2015年12月29日 https://t.co/a1mSb9bFqt #福井新聞
12-29 14:53

サウジアラビア2016年財政赤字削減へ、社会保障見直し2015/12/29 https://t.co/e0a54xLHYQ #reuters
12-29 12:19

NY原油 供給過剰の見方で36ドル台半ばに下落2015/12/29 https://t.co/41BETpRMeD #nhk
12-29 12:17

<東芝社長>「医療関連を早期売却」入札で幅広く募集2015/12/28 https://t.co/kY2AmcBfvP #毎日新聞
12-29 12:16

<福島県知事>「森林除染せず」方針に見直し要求2015/12/28 https://t.co/i46gYzPVVF #毎日新聞
12-29 12:15

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

高浜原発3・4号機再稼働差し止め訴訟について少し考えてみる 

高浜原発の再稼働認める 福井地裁が仮処分覆す 大飯も差止め却下
2015/12/24 https://archive.is/UIIeS #reuters

一部抜粋

関西電力(9503.T)高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた今年4月の仮処分に対する関電からの異議申し立てについて、福井地裁(林潤裁判長)は24日、4月の判断を覆し、関電の主張を認める判断を示した。この結果、高浜原発は今冬にも再稼働することがほぼ確実になった。
福井地裁は、関西電力が「新規制基準の内容と原子力規制委員会の基準適合性判断に不合理な点はないと主張を尽くした」と認定。今年4月に、樋口英明裁判長(当時)は新規制基準について、「合理性を欠く」として、再稼働差し止めの仮処分の住民請求を認めていた。




福井県の高浜原発3・4号機の運転差し止めの仮処分が決定されたのが今年の4月になりますが、その後に関西電力が異議申し立てを申請し、12月24日に仮処分の決定が覆される結果になりました。これで事実上、高浜原発の再稼働は確定し、関西電力は来年の1月下旬を目途に準備を進めているようです。

私も一応は原発に反対なので、このような結果になってしまったことは残念ではありますが、原発をやめるということは国内政治の問題上、そう簡単なことではないこともありますし、目先の結果にとらわれてはいけないのだろうと思います。

‖ 目先の結果はさておき、現実に司法リスクを無視できなくなった電力会社

前向きに考えれば、そもそも4月の運転差し止め仮処分(裁判の判決の間に差し迫った危険や損害が起きることを防ぐための裁判所の措置)の決定が出たこと自体が快挙でした。

仮処分が認められると関西電力は原発を動かせないわけですが、状況的には電力側が相当劣勢に立たされたそうで、最後にはプライドを捨てて(?)、「忌避申し立て(=裁判官を裁判から外すこと、認められた事例はごく僅か)」を申請したほどです。元来、優秀なスタッフを従える強者の側が、日本の裁判史上でも例外的にしか認められない「一縷の望み」に賭けたのです。

結局、賭けに敗れた関西電力側の主張は退けられ、申請が裁判所に認められることになりました。これは日本の原発訴訟では初の事例です。

残念ながら、その画期的な決定も12月24日には覆されてしまったわけですが、裁判所も原発の安全性にお墨付きを与えたわけでもないようです。

注文受け止め万全の再稼働を(日本経済新聞 社説)
2015/12/26 https://archive.is/Ko8Wu #日本経済新聞

一部抜粋

 一方で、国や電力会社が重く受け止めるべき点も多い。地裁は「規制基準は安全神話に陥らないよう最新の知見を反映し、高い水準の安全性をめざす努力が求められる」と注文をつけた。



一度作られた政策というものは、これを止める方向に進ませるためには膨大なエネルギー(人的、経済的、政治的等々)が必要になります。場合によっては政策を通すために消費したエネルギーとは比較にならないほど困難になることもあるでしょうし、原発の場合は間違いなくそうです。そのようなわけですから、「脱原発は1日にして成らず」というわけです。

‖ 陰謀論に安住する原発反対派

問題なのは、こういう「1日にして成らず」の現実から逃れ、陰謀論的な論調に安住してしまうことです。これが原発を止める上では結果的には一番の障害になると私は考えています。

原発反対派の間では、相変わらずネットを中心とした「日米原子力協定があるから原発をやめられない(破棄するべき)」などといった都市伝説が幅を利かせています。原発の是非と原子力協定は関連性が無いわけですが、多くの方が「ネットの真実」にやられてしまい、ネットで得た知識が実社会ではデモや集会などを通じ、誤った「隠された真実」が拡散されています。

このような状況を重く受け止めた河合弘之弁護士(今回の高浜原発訴訟の弁護団共同代表でもありますが)も、そのようなことはないと講演会等で説明されているのですが、「でもネットではそう書いてある」となってしまい、原発に反対と仰る方が、河合弁護士の足を引っ張る形になっているのです。

ネット以外では、矢部なにがし氏の「なぜ基地と原発が・・」みたいな本もベストセラーになっているようですが、なぜあのような内容で「目からウロコが出た!」と絶賛される方が多いのか、私にはまったく理解できません。

ネット上に飛び交う様々な「真実」や、「なぜ」という割おかしなところだらけのベストセラー本。これらの「負の相乗効果」が発揮されてしまうと、実社会で本気で原発を止めようと汗を流している専門家の足を引っ張るだけでなく、原発反対論そのものに悪影響を与えてしまう可能性があります。原発に反対する側の姿勢というものも一度再確認する時期に来ているのだと思います。

もっとも、そのようなことは2.3年遅いというのが正直なところですが、それでも実際に再確認されることもないだろうとも考えています。つまり状況はますます悪化するだろうということです。


今年の更新は今回で「仕事納め」とさせていただきます。ニュース記事の紹介は少しあるかもしれません。年明け5日以降くらいにまたやっていきたいなと考えています。

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/28のツイートまとめ 

energynewsscrap

新任の駐露日本大使、日露には共通の利益2015年12月28日 https://t.co/FA6edrGrED #ロシアNOW
12-28 19:23

福島原発の建屋にキツネ 元々敷地内にいた?2015/12/28 https://t.co/ATsVkHxern #テレ朝NEWS
12-28 19:23

@energynewsscrap ※2015/12/28
12-28 19:19

インドネシア、原発導入を凍結へ 再生エネで電力不足の解消目指す (2/2ページ)2015.12.28 https://t.co/1qNReKH8Uw #sankeibiz
12-28 19:15

インドネシア、原発導入を凍結へ 再生エネで電力不足の解消目指す (1/2ページ)2015.12.28 https://t.co/SX6aIePFtg #sankeibiz
12-28 19:15

東京電力 「NURO 光」を契約者向けにセット販売2015年12月28日 https://t.co/sp9vyqO9PL #ecofront
12-28 19:14

もんじゅ運営見直し 文科省検討会が初会合 原子力機構への批判続出「改革の本気度感じられない」 https://t.co/V5W1XGeXVB #産経新聞
12-28 19:13

<東電>除染費負担応じず…13年末以降の計画分2015/12/28 https://t.co/36ZI0VwOOP #毎日新聞
12-28 19:13

<原発避難計画>東北の施設整わず(宮城・青森県)2015/12/28 https://t.co/FtQj7recAk #河北新報
12-28 19:12

家庭での年間電力使用量が最も多いのは冷蔵庫2015年12月27日 https://t.co/Q9UWgsSGXv #財経新聞
12-28 07:10

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/27のツイートまとめ 

energynewsscrap

東京ガス、社名から「ガス」消して東電へ宣戦布告か!東電包囲網計画に大誤算発生2015/12/27 https://t.co/2NbfMzqwpl #businessjournal
12-27 19:12

東京ガスの電気料金は、どこまでお得なのか 自由化に向けていち早く料金プランを発表(2)2015/12/27 https://t.co/yoicSFvXvD #東洋経済
12-27 19:11

東京ガスの電気料金は、どこまでお得なのか 自由化に向けていち早く料金プランを発表(1)2015/12/27 https://t.co/Q8eZMnccnJ #東洋経済
12-27 19:10

大型蓄電実証試験を開始…安平で北電(北海道)2015年12月27日 https://t.co/PLF8XzYYri #読売新聞
12-27 12:10

<浜岡原発>防波の長城…全長1.6キロ、海抜22メートル(静岡県)2015/12/26 https://t.co/XhKLfbFt8s #毎日新聞
12-27 12:09

対岸の原発? 地元同意その後(大分県)2015/12/27 https://t.co/SHVnQI8hRK #大分合同新聞
12-27 12:08

燃料搬入中に警報、一時中断=高浜3号機、再稼働に影響なし―福井2015/12/26 https://t.co/4FGdxrc7b4 #時事通信
12-27 12:07

出戸西方断層地震動538ガル「妥当」/六ケ所再処理工場安全審査(青森県)2015/12/26 https://t.co/dXhfLyyaj2 #東奥日報
12-27 07:50

泊原発の地震想定、規制委が了承 再稼働17年度の公算大(北海道)2015/12/26 https://t.co/y5qsZisOr0 #北海道新聞
12-27 07:49

九電、免震棟新設を撤回 川内原発 再稼働の前提ほご(鹿児島県)2015年12月26日 https://t.co/yxn134M4DW #東京新聞
12-27 07:49

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/26のツイートまとめ 

energynewsscrap

東芝「負の遺産」、実は1兆円超え!? 発表された赤字額の他にもまだまだウミは残っている(3)2015/12/23 https://t.co/xJQ0FCJT65 #現代ビジネス
12-26 12:22

東芝「負の遺産」、実は1兆円超え!? 発表された赤字額の他にもまだまだウミは残っている(2)2015/12/23 https://t.co/SVMA2irYUb #現代ビジネス
12-26 12:21

東芝「負の遺産」、実は1兆円超え!? 発表された赤字額の他にもまだまだウミは残っている(1)2015/12/23 https://t.co/YJSWS80zgW #現代ビジネス
12-26 12:20

COP21に便乗し原発増設を推進する官僚たち…滅茶苦茶な試算と真実隠蔽で国民を犠牲に(3)2015/12/26 https://t.co/ucBFFhmcsP #businessjournal
12-26 12:18

COP21に便乗し原発増設を推進する官僚たち…滅茶苦茶な試算と真実隠蔽で国民を犠牲に(2)2015/12/23 https://t.co/onkT83k5KD #businessjournal
12-26 12:17

COP21に便乗し原発増設を推進する官僚たち…滅茶苦茶な試算と真実隠蔽で国民を犠牲に(1)2015/12/23 https://t.co/eHg2Oo8mf9 #businessjournal
12-26 12:16

北電より最大6%安く 北海道ガス、電力自由化で従量料金体系(北海道)2015/12/26 https://t.co/tBi2Wr2vPn #北海道新聞
12-26 12:14

もんじゅでナトリウム漏洩警報、誤作動か(福井県)2015/12/26 https://t.co/DPRHfzw0Hg #朝日新聞
12-26 12:13

浜岡原発の防波壁、きょう完成 中部電、再稼働へ着々(静岡県)2015/12/26 https://t.co/I1g0yeDkac #朝日新聞
12-26 07:15

福島第一の高濃度汚染水、1日200〜300トン増える2015/12/26 https://t.co/VvfAq3acQq #朝日新聞
12-26 07:15

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/25のツイートまとめ 

energynewsscrap

ローソン、三菱商事と"電力小売"参入--Pontaポイント貯まる特典など検討2015/12/25 https://t.co/ZxnTMTnvtq #マイナビニュース
12-25 19:08

官邸ドローン、被告に懲役3年求刑 「主義主張を誇示」2015/12/25 https://t.co/DB9qYOR5ou #朝日新聞
12-25 19:07

高浜原発3号機で核燃料装填開始、MOX燃料も(福井県)2015/12/25 https://t.co/Ftdh4uu2ZI #tbs
12-25 19:07

メキシコ石油公社、来年の従業員削減を計画-業績悪化と生産減少で2015/12/25 https://t.co/xHHBGVJ05d #bloomberg
12-25 19:02

ガス漏れ事故で2000世帯以上が転居、米カリフォルニア2015年12月25日 https://t.co/gKG2w4KTEa #afp
12-25 19:02

東芝、「白物」全生産拠点売却へ2015/12/25 https://t.co/5R7RwJgllC #読売新聞
12-25 19:02

人口11万5000人減、戦後最少に=原発事故避難で―福島県国勢速報2015/12/25 https://t.co/eebozvExtE #時事通信
12-25 19:01

佐賀県伊万里市の原子力安全協定、一括締結へ(佐賀県)2015年12月25日 https://t.co/vq2zb9bGI1 #佐賀新聞
12-25 19:01

米国の原油輸出解禁、市場に影響与えない=ロシア・エネルギー相2015/12/25 https://t.co/XxSAjqSUQ7 #reuters
12-25 07:23

原子力・軍事協力強化で一致=「特権・戦略関係」双方に思惑―印ロ2015/12/25 https://t.co/j3x7u6jGAX #時事通信
12-25 07:23

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/24のツイートまとめ 

energynewsscrap

【速報】ローソンが家庭に電力販売へ2015年12月24日 https://t.co/dQGtD5iCUS #共同通信
12-24 19:49

再稼働「安全第一に」=高浜原発、経産相に指示-安倍首相2015/12/24 https://t.co/MHE6BLwtr5 #時事通信
12-24 18:45

元副市長の収賄112億円、中国 石炭絡み、山西省2015年12月24日 https://t.co/vfielIHpFF #共同通信
12-24 18:37

米家庭クリスマス電飾の消費電力量、途上国の年間使用量超える2015/12/24 https://t.co/g6Y9LEOpKN #時事通信
12-24 18:37

ソーラーパワーでニワトリの産卵を促す、世界初の養鶏向けLED照明2015/12/24 https://t.co/OndbwYXQA9 #futurus
12-24 18:36

<核燃料運搬船>使用中止 もんじゅ改修費認めず2015/12/24 https://t.co/AEgGlxCMCk #毎日新聞
12-24 18:33

規制委 審査検討過程の文書作らず 柏崎原発 透明性確保に課題2015/12/24 https://t.co/4BE3wWf3u9 #新潟日報
12-24 18:33

高浜原発の再稼働認める 福井地裁が仮処分覆す 大飯も差止め却下2015/12/24 https://t.co/5bqlliimjb #reuters
12-24 18:32

高浜原発の再稼働認める 福井地裁、仮処分取り消し 2015/12/24 https://t.co/tNlPEUgrkv #日本経済新聞
12-24 18:32

2016年の原油相場、15ドルへの下落を見込む取引も-オプション市場で2015/12/23 https://t.co/KoOmDktOI2 #bloomberg
12-24 06:29

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

12/23のツイートまとめ 

energynewsscrap

インドネシア研修生受け入れ、KCMで初(北海道)2015/12/23 https://t.co/ak0lOL6Ayt #釧路新聞
12-23 13:26

原子力看板撤去中断 復元困難か作業再検討(福島県)2015/12/23 https://t.co/aGDmVjNjk6 #河北新報
12-23 13:25

金正恩が名付けた白頭山発電所、完工2カ月目にストップ2015年12月23日 https://t.co/UFCKz2f7Py #中央日報
12-23 13:24

浜岡5号機 再稼働目指す 中電社長会見(静岡県)2015/12/23 https://t.co/MiLjgCGgm3 #中日新聞
12-23 13:23

帰還困難区域も除染を 富岡の「居住制限」境界付近(福島県)2015/12/23 https://t.co/3Who3u1A9v #福島民報
12-23 13:22

いわきで初、汚染土壌を不法投棄 市道沿いに4袋(福島県)2015/12/23 https://t.co/m2iGJeaTkB #福島民友
12-23 13:21

京都・舞鶴市長「高浜再稼働に一定の理解」 25日にも容認表明2015/12/23 https://t.co/cVbuqzfrqZ #京都新聞
12-23 12:28

高浜再稼働「同意」 知事の判断 拙速すぎる(中国新聞 社説)2015/12/23 https://t.co/t4OMv0OsIU #中国新聞
12-23 12:27

高浜原発同意 司法軽視の駆け込みだ(信濃毎日新聞 社説)2015/12/23 https://t.co/BFg6Z3ifuV #信濃毎日新聞
12-23 12:26

高浜再稼働 同意を伝達 福井知事 司法判断待たず2015/12/23 https://t.co/1zBC3qPQDi #東京新聞
12-23 12:25

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

日印原子力協定について考えてみる 4 - インドに平和利用の保証がないという上から目線 - その2 

原発を維持・推進することが、同時に核オプション(核武装の選択肢)を保ち続けることを意味し、これが日本にとっての安全保障・抑止力に資するという考え方が、潜在的核武装(核抑止)論になります。

日本は長年原子力の平和利用と言い続けてきたのに、そんな話は許されないと思われる方も多いかもしれませんが、このような考え方はかなり以前からあったようですし、現在もコアなファンの方が一定数存在するというのが実情なのです。

‖ 原子力の平和利用と軍事利用の両立を堂々と語る人たち

潜在的核武装論の熱心なファンとして、比較的最近の事例から考えて、真っ先に思い浮かぶのが自民党衆議院議員の石破茂氏になります。

石破茂氏 「核の潜在的抑止力」維持のため原発続けるべき
2011.09.21 https://archive.is/Ow0ez #NEWSポストセブン

一部抜粋

石破:私は核兵器を持つべきだとは思っていませんが、原発を維持するということは、核兵器を作ろうと思えば一定期間のうちに作れるという「核の潜在的抑止力」になっていると思っています。逆に言えば、原発をなくすということはその潜在的抑止力をも放棄することになる、という点を問いたい。



この話は同時期の報道ステーション「原発再稼働 私はこう思う」というシリーズでも石破氏が同様の発言をしていたので、ご存じの方も多いかと思います。




先ほどの記事も含め、このような発言はなかなか危うい話のようにも思いますが、今ご本人に伺ったとして、「あれは野党時代の冗談だよw」ということになるのがオチでしょうか。

次に出て来るのが、これは以前も紹介しましたが、拓殖大学の森本敏教授です。

この方も原発推進のフォーラムなどで積極的に原発=核抑止という持論を述べてきましたし、原子力委員会の会合では阿部信泰委員からたしなめられたという記事も紹介しました。危機管理や軍事のスペシャリストを自認されている方が、原発は核抑止になるのだと、むしろ原子力ムラを後ろから撃つ行為を繰り返しているわけですね。

森本氏と阿部氏のやり取りに関しては、最近の毎日新聞の記事にも詳しく書かれていましたので、こちらもどうぞ。

戦後70年・核回廊を歩く 日本編/62 潜在的抑止力
2015年12月10日 https://archive.is/bhRsj #毎日新聞

一部抜粋

「尊敬する先生ではあるが、この点は意見が違うと申し上げる」。軍縮担当の国連事務次長などを歴任した原子力委員会委員の阿部信泰(70)は一瞬、間を置きこう続けた。「青森県六ケ所村の再処理施設を軍事利用する計画はないし、考えてもいない。抑止力のために六ケ所が必要だと言う人がいるが、そう言ってほしくない。言った途端に(他国から)『そらみろ』となる」。11月5日に開かれた原子力委員会。普段はゆっくりとした口調で話す阿部だが、よほどかんに障ったのか早口だ。阿部の視線の先には、森本敏・元防衛相(74)の姿があった。

・・

その直前、森本は「中国、ロシア、北朝鮮、台湾や韓国も平和利用で原発を持っている。周りで一切捨てている国がない時に、日本だけがぽっと捨てるということは、日本が抑止の機能を捨てるということ。それは望ましい選択ではない」と持論を展開した。



そして忘れてはいけないのが、潜在的核武装論の本家本元とも言える、外務省の存在ですね。

外務省 わが国の外交政策大綱 外交政策企画委員会(PDF)
1969/9/25 https://goo.gl/n1I7XV

一部抜粋(核兵器に関してはP67)

(9) 核兵器については、NPTに参加すると否に関わらず、当面核兵器は保有しない政策を取るが、核兵器製造の経済的・技術的ポテンシャルは常に保持するとともにこれに対する掣肘(=せいちゅう、干渉の意味)をうけないよう配慮する。又核兵器一般についての政策は国際政治・経済的な利害得失の計算に基づくものであるとの趣旨を国民に啓発することとし、将来万一の場合における戦術核持ち込みに際し無用の国内的混乱を避けるように配慮する。



これは2010年の、いわゆる「核密約」が話題になった時に外務省が公開した機密文書になります。このとおり、当時からNPTなんか関係ないのだと、少なくとも外務省としては考えていたのでしょう。当時で言えば、茨城県の東海原発(1966-1998)あたりを念頭に置いていたのかもしれませんね。

おそらく、外務省としてはこの潜在的核武装という政策を今も放棄していないのではないかと思います。そして当然、特定の政治家や知識人、評論家等に「教育」しており、先ほどの石破氏や森本氏も教え子の1人ということなのかもしれません。文章の後半部分に当たる「又核兵器一般についての政策は・・」という話は、これは話が抽象的といいますが、私にはちょっとわかりにくいです。

そして極めつけになるのが読売新聞ですね。

日印首脳会談 原発協力は戦略的関係の柱だ(読売新聞 社説)
2015年12月15日 https://archive.is/V3xJS #読売新聞

一部抜粋

インドは、核拡散防止条約(NPT)に未加盟の核保有国だ。2008年に核実験凍結の継続などを対外的に表明している。
 安倍首相は会談で、核実験が行われた場合、協力を停止する方針を伝えた。協定は、平和目的の協力に限り、軍事転用に明確な歯止めをかける内容にすべきだ。
 政府はインドに対し、核不拡散の国際的な枠組みに参加し、核軍縮を進めるよう、粘り強く促し続けることが重要である。



インドに関しては核不拡散の点については各紙共通しているので、読売の社説でもこの点は正しい意見だとは思います。

しかし、読売新聞は4年前の社説で、日本の脱原発政策を批判する社説でかなりきわどい事も書いていたわけですが。

展望なき「脱原発」と決別を 再稼働で電力不足の解消急げ(読売新聞 社説)
2011/9/7 http://archive.is/e9hli #読売新聞

一部抜粋

日本は原子力の平和利用を通じて核拡散防止条約(NPT)体制の強化に努め、核兵器の材料になり得るプルトニウムの利用が認められている。こうした現状が、外交的には、潜在的な核抑止力として機能していることも事実だ。



まあこんな感じですから、私にはインドよりも先に「日本には平和利用の保証がない」とか、「平和利用の確約が未知数」みたいな話にも思えてくるのです。

‖ しかし両立はできない

原発が核抑止になるというような話は「空しい政治的願望」で、原発推進の邪魔にしかならないからやめてくれという、原子力ムラの重鎮である遠藤哲也氏の発言は以前も紹介しました。遠藤氏は今回紹介した記事の「戦後70年・核回廊を歩く」にも登場しています。

この件については、軍事評論家の小川和久氏の論文も参考になるかと思います。まだご覧になったことのない方はどうぞ。

「日本核武装論」は机上の空論である 小川和久 (静岡県立大学特任教授 / 特定非営利活動法人国際変動研究所理事長 / 軍事アナリスト)
2015年6月11日 https://archive.is/XsZeq #ポリタス

一部抜粋

『ポリタス』編集部からの依頼は、潜在的核武装技術と原子力発電の関係について、以下の3つの要素を視野に入れて執筆せよというものである

1)日本の核武装の現実性(技術力・開発期間・NPT=核拡散防止条約との関係など)
2)日本の潜在的核武装技術保持による抑止力の実効性
3)潜在的核武装技術保持するために、原発の新・増設やリプレースを行い原発を維持すべきか

しかしながら、いわゆる「日本核武装論」をリアリズムの観点からながめると、「ナンセンス」としか言いようがない。設問自体が根拠のない一般論でしかなく、成り立たないからである。



その3につづく

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top