12// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //02
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

01/30のツイートまとめ 

energynewsscrap

強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型 (2/2)2016/1/29 https://t.co/WKGCCGfr7l #スマートジャパン
01-30 21:16

強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型 (1/2)2016/1/29 https://t.co/DxNQqvUJfD #スマートジャパン
01-30 21:16

<温室効果ガス>「2050年8割減、電力業界はゼロ」提言2016/1/30 https://t.co/g78phETF8p #毎日新聞
01-30 21:15

政権 原発推進路線を加速 「40年廃炉」先延ばし論2016年1月30日 https://t.co/kuWkHN14ir #東京新聞
01-30 21:14

電力10社すべて経常黒字 15年4~12月期2016/1/29 https://t.co/Tv0iZFgWWB #日本経済新聞
01-30 21:14

費用1030億円以上 関電、新規制基準に対応2016/1/30 https://t.co/Xw6FlobHwX #中日新聞
01-30 13:26

原発銀座、次はどこ?(福井県)2016/1/30 https://t.co/vVs7nTFUkP #中日新聞
01-30 13:24

高浜原発再稼働 集中立地の危険直視を(毎日新聞 社説)2016年1月30日 https://t.co/6TT6YbbtFg #毎日新聞
01-30 13:22

高浜原発再稼働 電力の安定供給と負担軽減を(読売新聞 社説)2016年01月30日 https://t.co/WsE6zBfWyw #読売新聞
01-30 13:20

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

日印原子力協定について考えてみる 番外編 - 東芝のウェスティングハウス買収劇(2006)について - 

先回の話で「ウェスティングハウス(WH)」という社名が出てきましたが、この会社はご存じのとおり、現在は東芝が所有(ただし、WHの企業としての独立性は保持とのこと)しています。今回は話のついでということで、2006年に東芝がWHを買収した経緯について簡単にまとめてみたいと思います。

‖ BNFLの不祥事とWHの売却

WHはアメリカの原子力関連企業として、原子炉の設計・開発、各種部品の製造・保守点検などを手掛けてきましたが、1999年にイギリスの国営企業である英国核燃料会社(BNFL)に買収されました。

ところが、それから間もなくBNFLで「MOX燃料製造データ改ざん」等の重大な不祥事が発覚。その上BNFL自体の業績低迷も重なり、改革の一環として事業単独では比較的好調であったとされるWHを売却することになりました。

原発ビジネスは中長期のスパンで経営資源を投入する事業であり、それに対してより短期的な問題解決・改革を迫られたBNFLには、もはやWHを所有し続ける意味が無い(持て余す)という判断だったのでしょう。

‖ 原子力ルネサンスとその時代

BNFLがWHの売却を表明したのが2005年になりますが、当時の原子力産業を取り巻く状況は、例えばアメリカでは住宅価格の上昇にともなう好景気に加え、79年のスリーマイル原発事故(それ以前から建設のキャンセルはありましたが)以降の低迷期から再評価にあたる時期であり、中国では毎年2ケタの経済成長率と、電力需要の増大に伴う野心的な原発増設計画も話題になっていました。業界的にはこのような追い風要因を受け、原子力の復興・再評価、いわゆる「原子力ルネサンス」論がさかんに唱えられていました。

このように、業界的には好材料がそろっているということで、実際にWHの買収に手を挙げる企業は多く、アメリカ・フランス・韓国・日本の原子力関連企業や投資会社が入札に参加しています。そこでいろいろあって、最終的には日本の東芝がWHを落札したのが2006年ということになります。BNFLがWHを落札した金額が1000億円で、2006年の入札は2000億が相場(上限)とも言われていたそうですが、東芝はその3倍、54億ドル(日本円で6400億円)を提示して落札しました。

‖ アメリカ悪玉論は混乱のもと

東芝のWH落札の経緯はこのような感じになりますが、なぜ今回こんな話題にしたのかと言いますと、先回のWHの社名を出したときに、そういえば以前に、「WHはアメリカに無理やり売りつけられた・押し付けられた!」なんて話をしている人が結構いらっしゃったことを思い出しまして、忘れないうちに「そういう話じゃないんですよ」ということで記事にしてみました。

これは以前にも書いてきたことですが、どうにも原発の話題について、とにかく何でもかんでも「アメリカのせい」にしたがるというか、そういう流れ・風潮にしたがる方が多いのです。

諸悪の根源はアメリカにあり、アメリカ言いなり・アメポチ(?)の日本はアメリカに原発を売りつけられ、東芝も無理やりWHを押し付けられた・・。

このような「アメリカ悪玉論」のようなストーリーを展開される方は少なくない印象ですが、このような俗説は原発・エネルギー問題を考える上で余計な先入観が入り込んでしまい、話が余計に混乱するだけで好ましくないと考えます。

‖ 原子力ルネサンスにみんなが踊った

当時の東芝にしても、それだけ「原子力ルネサンス」に入れ込んでいたということでしょう。自民党、民主党政権下で、これから国産の原発を大いに輸出しようと音頭をとっていた時期です。

バブル崩壊後の「失われた10年」などという言葉がありますが、当時はさかんに「これからの日本は何で飯を食っていくか」という議論があり、その答えの1つが原発輸出という話もありました。そしてそれを政治が後押しするべきだという雰囲気もたしかにありました。

そのようなわけで、国内外の環境から考えて、たとえWHが相場の3倍でも十分に安い。東芝としてはそういう経営判断だったのでしょう。もちろん、当時から原発輸出に関する各種リスク、当時は目玉とされていた中国の原発案件も、中国政府は当初から将来の国産化と輸出の推進を掲げており、そのような意味でもWHの買収に懐疑的な意見も少なくなかったのですが。

東芝といえば昨年から不適切な会計(粉飾決算)が話題になっていますが、経営の足を引っ張っている大きな原因として、原発・WH案件が取りざたされています。原発の需要予想というのは、先回も説明しましたとおりまったくあてにならないということで、このような問題が生じるのはある意味必然とも言えるでしょう。もしかしたら将来的にはWHを手放すなんてこともあり得るかもしれませんね。

・・実は東芝潰しのアメリカの陰謀だったのだ!みたいな話はどうか勘弁してくださいw


その他参考資料

電気新聞海外原子力取材班 原子力ルネサンスの風 海外最新レポート 2006/3
http://goo.gl/gU7bvw

村上 朋子 激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析 2010/3
http://goo.gl/Iu0DSG

高木仁三郎 原子力神話からの解放(2011/5 再販)
http://goo.gl/dNjviU

吉岡斉 原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か 2011/2
https://goo.gl/MJfwH6

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/29のツイートまとめ 

energynewsscrap

北朝鮮核実験 水爆一部作動か 米報道2016年1月29日 https://t.co/O40s6PjLPB #毎日新聞
01-29 23:26

OPEC加盟国代表、減産協議の予定はない-ロシア発の報道受け2016/01/29 https://t.co/wd8hB6EDVi #bloomberg
01-29 23:25

仏トタル イランから一昼夜20万バレルの原油買付け2016/1/29 https://t.co/GATEWK0r9Q #sputnik
01-29 23:25

売り上げ減れど利益2倍 原油急落の恩恵 東京電力2016/01/29 https://t.co/jzkH3t8vzp #テレ朝NEWS
01-29 23:24

原発ケーブル損傷 作業手順に誤り 柏崎刈羽7号機 情報共有も不足(新潟県)2016/1/29 https://t.co/VmY7VLhG72 #新潟日報
01-29 23:23

使用済み核燃料、たまり続ける「お荷物」 高浜再稼働(拡大画像)2016年1月29日 https://t.co/TXPFXZMKAL #朝日新聞
01-29 23:22

使用済み核燃料、たまり続ける「お荷物」 高浜再稼働2016年1月29日 https://t.co/8Wfv5PbDZJ #朝日新聞
01-29 23:21

高浜原発3号機 再稼働(福井県)2016/1/29 https://t.co/rB81qaBrqr #nhk
01-29 23:21

フランス・イラン首脳会談、経済協力を強化などで合意2016/1/29 https://t.co/L7AG4yHkBE #mbs
01-29 12:09

西部ガス、電気料金最大6000円割安に 自由化で共通ポイントも導入 福岡2016/1/29 https://t.co/S5TpzzZXAV #産経ニュース
01-29 12:07

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/28のツイートまとめ 

energynewsscrap

パナソニック・東芝 ノートPCから発火のおそれ 約11万個の交換・回収を発表2016/1/28 https://t.co/CpKGLljqCe #レスキューナウニュース
01-28 22:31

<メガソーラー>福島・大熊 初の建設2016/1/28 https://t.co/VFrtvDUn01 #河北新報
01-28 22:31

浜岡原発フィルターベント搬入(静岡県)2016/1/27 https://t.co/VmNzGExay0 #nhk
01-28 22:30

九電の免震棟撤回、規制委審査が空洞化しかねない―民主・枝野幸男氏2016年1月28日 https://t.co/wAVwuMQWdT #財経新聞
01-28 22:30

楢葉に廃炉関連社宅 大和ハウス整備へ(福島県)2016/1/28 https://t.co/OBdN3tI3QI #福島民報
01-28 22:29

東電福島復興本社の移転先 富岡に正式決定(福島県)2016/1/28 https://t.co/9KyQ4O1Sz5 #福島民報
01-28 22:29

ガソリンついに100円割れ 消費者歓迎/業者は競争に悲鳴 栃木2016/1/28 https://t.co/jYIqLEi6FP #産経ニュース
01-28 18:38

<最終処分場>副大臣「集約処分変えず」2016/1/28 https://t.co/F7VOrztZtP #河北新報 ※宮城県の指定廃棄物の最終処分
01-28 18:37

電力販売自由化 消費者の利益が肝心だ(毎日新聞 社説)2016年1月28日 https://t.co/dTAnPs8LyW #毎日新聞
01-28 18:36

関電高浜原発 なし崩し再稼働に反対だ(朝日新聞 社説)2016年1月28日 https://t.co/fVGeXtnI5t #朝日新聞
01-28 18:35

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/27のツイートまとめ 

energynewsscrap

2016年は鳥取県の「水素元年」に、人口最少の県が水素社会を目指す意義 (2/2)2016/1/27 https://t.co/XHlfJd8SmI #スマートジャパン
01-27 20:25

2016年は鳥取県の「水素元年」に、人口最少の県が水素社会を目指す意義 (1/2)2016/1/27 https://t.co/dMuYZlg0S7 #スマートジャパン
01-27 20:23

東急、光る電力販売 契約1万件超える2016年1月27日 https://t.co/WRJSG0dfhr #東京新聞
01-27 20:22

高速増殖炉もんじゅを公開 電気出力は20年間ゼロ(中日新聞)2016/1/26 https://t.co/tGtGl0ockE #中日新聞
01-27 20:20

「核のごみ」19道府県が受け入れ拒否 朝日新聞調査(拡大画像)2016年1月27日 https://t.co/EnN4VhjsSM #朝日新聞
01-27 14:54

「核のごみ」19道府県が受け入れ拒否 朝日新聞調査2016年1月27日 https://t.co/Lpqrp1EbJw #朝日新聞
01-27 14:53

川内原発「免震棟」撤回 規制委、安全性向上の根拠欠くと指摘2016/1/27 https://t.co/3DXGggUBsi #fnn
01-27 14:53

原発の新増設「現時点では想定していない」総理2016/1/27 https://t.co/tU7izuDFdZ #エコノミックニュース
01-27 14:50

核物質検査機関で情報漏えいの疑い 厳重注意2016/1/27 https://t.co/2oBglC6Ap2 #nhk
01-27 14:50

米国:2015年の原発稼働率は過去最高91.9%2016年01月27日 https://t.co/8KYcZYI7v8 #アメーバニュース
01-27 12:18

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

日印原子力協定について考えてみる 6 - インド原発ビジネスの見通しは - その3 

‖ 賠償責任と外資系企業に厳しい国民感情

インドの原発ビジネスで忘れてはいけないのが、品質保証、いざというときの賠償責任です。この種の「責任」はどのような商品でも共通する話ではありますが、特にインドに原発を売るという点が問題なのです。

2010年に制定されたインド原子力損害賠償法(原子力損害に関する民事責任法)によると、原子力の機材の供給者に対する賠償請求を認める条文が盛り込まれており、これは輸出をする側から考えると、当然大きなリスク要因になります。

これはご存じの方もいらっしゃると思いますが、インドでは1984年の「ボパール化学工場事故」の影響で、インド国民の外資企業に対する不信感が根強く、原発においても甘い対応は出来ないという国内的な事情もあるのでしょう。

賠償責任に関しては、昨年アメリカのオバマ大統領とインドのモディ首相との間で妥協が図られることで合意したという報道()もありましたが、そもそも事故の際の被害金額はその時になってみないとわからないということもあります。肝心の損害賠償法そのものが廃止されることも国内政治的に考えて無いでしょうし、業界関係者は全然安心できないというのが本音ではないかと思います。もちろん、そのリスクが企業だけで収まるとも限りませんし。

‖ ポジティブな原発需要予測は当たったことがない

次に問題になるのは、これはある意味で一番重要な話とも考えていますが、そもそも原発の需要予測はアテになるのか?ということです。インドが10兆円、20兆円市場で、原発の設備容量が短期間で6300万kWになるとかそれ以上だとか、そんな景気の良い話は本当なのかなと。

結論から先に言ってしまうと、原発推進側は特定の国や地域に関わりなく、伝統的にとにかく「盛りたがる」傾向にあることは確かです。

高木仁三郎 原子力神話からの解放(2011再販 P23より)
http://goo.gl/dNjviU

国際原子力機関(IAEA)の原発設備容量の予測も一九七六年くらいから始まっていますが、そこでも、だいたい二〇〇〇年には原子力発電が約二三億キロワットまで増えると予想しています。七六年以来、IAEAは何回か同じような予測をやっていますが、やればやるだけ原子力発電の予測は縮んでいきます。

・・

ちなみに、IAEAの予測を受けて日本政府の原子力委員会は、一九七八年に出した長期計画のなかで、日本では二〇〇〇年の原発設備容量の目標を一億五〇〇〇万キロワットにおいています。実際は、その三〇パーセントの四五〇〇万キロワットにしかすぎませんでした。



今は2016年ですが、現在の世界の原子力発電の設備容量は3億8000万kW程度で、IAEAが70年代に行った予測(23億kW)とは全く違っている状況(実際には数年ごとに予測を下方修正しています。詳しくは同書をお読みください)です。

日本もIAEAを見習って大風呂敷を広げましたが、結果的には5000万kW程度でした。余談になりますが、もし日本での予想が当たっていたら、福島の事故は一体どんな感じになっていたのでしょうか?もしかしたら水素爆発した原発も3倍になっていたのでしょうか。

電力需要は景気の変動とも関連しますし、需要も景気も永久に右肩上がりということはありえません。原発は用地買収から建設までに長い時間を要するのが特徴で、原発を作ってる最中に社会情勢が変わってしまうことはよくあります。これはある意味、原発を売る側からすれば最大のリスク要因であると言えると思います。

‖ 企業活動に国境はない

インドの原発ビジネスに関しては、一部から「日本企業が止まれば世界の原発が止まる(だから止めよう)」というような声もあるようです。これは製鉄・鋳造技術等に優れた実績を持つ一部企業の事例が根拠になっているようです。

このような話は頷ける点もありますが、どうも私には外国企業の技術力を過小に評価しているようにも映ります。

原発の設計から製造まで、特にこの分野ではフランスやロシアが強みを持っていますし、中国や韓国なども猛烈な勢いでキャッチアップしている状況です。現在は大型部品の製造には力を入れていないアメリカ(ウェスティングハウス、GE)も、技術力に定評のある諸外国の企業と協力関係にあります。日本も協力先の1つであることは確かですが。

世間では業界再編(restructuring)という言葉をよく聞きますが、原子力産業もまた再編を繰り返してきた経緯があります。

現在の勢力図は過去の再編の結果であり、将来の勢力図もまた違ったものになるのでしょう。現代の企業活動は本質的にはグローバル(=国境が存在しない)なのです。


その1~3に関するその他参考資料

村上 朋子 激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析 2010/3
http://goo.gl/Iu0DSG

下斗米 伸夫 島田 博 編著 現代ロシアを知るための60章【第2版】
http://goo.gl/C57QSu

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/26のツイートまとめ 

energynewsscrap

放射性廃棄物、海底下も処分場候補に…経産省2016/1/25 https://t.co/mHj7o5nPL4 #読売新聞
01-26 22:38

【北朝鮮核実験】15年も中国からの原油輸出「ゼロ」 統計未記載で供給?2016/1/26 https://t.co/6cle3pO8p6 #産経ニュース
01-26 22:01

中国、石油禁輸案に反対 北朝鮮制裁に慎重姿勢 安保理決議交渉2016年1月25日 https://t.co/BoZ1AQmQTT #東京新聞
01-26 22:00

米本土の核攻撃可能に=北朝鮮声明2016/1/26 https://t.co/9VYkRkwrFg #時事通信
01-26 21:50

国内各社、原発輸出を加速 相手国の安全性の担保なし2016年1月26日 https://t.co/8EtHN9iu0F #東京新聞
01-26 21:50

原発の「安全神話」訴訟和解 - 東電1100万円支払い2016/1/26 https://t.co/fbNh6zMJiZ #マイナビニュース
01-26 21:49

茨城・東海村 原発廃炉の放射性廃棄物 一部処分容認へ2016/1/26 https://t.co/iva8EhuHvw #nhk
01-26 21:49

@energynewsscrap ※汚染指定廃棄物 分散化容認聞いてない 菅長官2016年01月26日 https://t.co/WMTuNE2ULO #エコノミックニュース
01-26 21:48

高速実験炉「常陽」、再稼働向け安全審査申請へ(茨城県)2016/1/26 https://t.co/C7ZMe8qnmQ #読売新聞
01-26 21:42

東海村議選 原発推進派増え過半数 再稼働議論低調(茨城県)2016/1/26 https://t.co/ks2rBDJ3fn #茨城新聞
01-26 21:41

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/25のツイートまとめ 

energynewsscrap

9年ぶりにガラス固化再開 東海村の高レベル廃液(茨城県)2016/1/25 https://t.co/8LGXqxoe36 #産経ニュース
01-25 22:11

日立、英原発2019年に着工 20年代前半に稼働2016年1月25日 https://t.co/5hctkvEEhH #東京新聞
01-25 20:54

中国石化とサウジアラムコ さらに関係強化 広範分野で連携模索2016/1/25 https://t.co/kgfizoF8Kp #化学工業日報
01-25 20:47

中国広核集団のルーマニア原発整備、現地政府が支援約束2016年1月24日 https://t.co/eCdbuzrIwx #newsclip
01-25 20:46

[ベトナム株]「石炭火発は増やさない」首相が指導、原発は続行2016-01-25 https://t.co/r5ky2CSGFu #サーチナ
01-25 20:46

サウジ大使館襲撃で100人逮捕 一部釈放2016/1/25 https://t.co/oRwpp4KlE5 #日テレNEWS24
01-25 20:46

日本産水産物の輸入量 原発事故後初めて増加=韓国2016/1/24 https://t.co/aqLu6rmIni #聯合ニュース
01-25 20:45

高浜原発の広域避難先、受け入れ計画策定は1割のみ(福井県)2016/1/25 https://t.co/djRt30APCm #朝日新聞
01-25 20:44

高浜原発巡り、滋賀県と関電が原子力安全協定締結2016/1/25 https://t.co/lS3yymK7kA #朝日新聞
01-25 20:43

<福島第1原発>タンク3万トン分増設へ 汚染水増加で2016/1/25 https://t.co/PFe0mZn2GX #毎日新聞
01-25 20:42

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top

【動画】 「地熱大国に学ぶ エネルギー利用」 +感想を少々 

「地熱大国に学ぶ エネルギー利用」
2015/4/22 https://archive.is/YtnAQ #nhk

一部抜粋

『今私が入っているのはアイスランドにある世界最大の露天風呂。世界中からの観光客でにぎわうこの温泉、実はこの先にある地熱発電所からの熱水が温泉源。』

2030年のエネルギーミックスの検討が進み、原発比率とともに再生可能エネルギーの引き上げが焦点。ただその中心は太陽光や風力。地熱はあまり注目されていない。しかし再エネの中でも安く、安定したエネルギー源。その利用を拡大し地熱大国となったのがアイスランド。

今夜の時論公論は、地熱先進国の取り組みを見ながら、日本が学ぶべき点について水野倫之解説委員。






‖ 「よりまし」な電源には違いないが・・

地熱発電はその仕様上、年間を通して安定した発電が見込めるという、再生可能エネルギーのなかでは比較的珍しい特性もあり、この手の発電では私の個人的な見解としては「よりまし」的な位置付けになります。日本の地熱発電のポテンシャルとしては3000万kW~5000万kW以上等とも言われており、特に原発事故後に注目されつつある電源と言えます。

とはいえ、動画のサムネイルでも明らかなとおり、現在の日本の地熱発電の設備容量はおよそ52万kWで、これでは天然ガス発電所1基分程度にしかなりません。

それならもっとたくさん作れば良いじゃないか!という話も出て来るでしょうが、地熱開発は行政手続きや地元の理解、そして採掘等、あらゆる工程で時間がかかってしまうのがネックなのです。10年、20年かけて得られる容量がせいぜい5万kW程度(地熱発電1基当たりの発電容量は最大でも10万kW程度)ということもあり、まさに「労多くして功少なし」というのが実情です。原発事故後の地熱の再評価を考慮に入れても、2050年までに今の容量が倍増すれば御の字でしょう。そしてそれは、現在日本が年間に必要としている1兆kWhの発電量と比較すれば・・いや、比較するまでもないということですよねw

動画では地熱発電の特集では「お約束」のアイスランドの事例が紹介されていますが、これは正直参考にはなりません。解説の水野氏も動画の最後にチラッと言ってますけど、国の規模(経済・電力需要・人口・人口密度)が全く異なるので、日本はアイスランドのようにはなれないということです。

もちろん、地熱発電の可能性を探るということはエネルギー(電力)の研究の一環としては必要でしょうし、動画でも紹介されている「熱供給」、熱の利用に関しては、これは地熱に限った話ではなく、エネルギーの有効利用の観点からはこれまで以上に努力する必要がある分野であることは間違いありません。

ところで水野さん、アイスランドの温泉でお肌ツルツルになりましたか?

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

01/24のツイートまとめ 

energynewsscrap

中国 イランに高速鉄道 首脳会談合意、原発2基輸出協議2016年1月23日 https://t.co/nJ7sfwtXWD #毎日新聞
01-24 17:42

政府、中東戦略見直し イラン制裁解除もサウジとの対立考慮 エネルギー資源分散化2016/1/24 https://t.co/gDiL0pdP9T #産経新聞
01-24 17:41

東芝 原発で損失計上検討 米子会社は1600億円2016年1月24日 https://t.co/oq7FmWuBar #毎日新聞
01-24 17:40

<福島第1>廃炉技術流出阻止へ 組織設立2016/1/24 https://t.co/5yAmRB7Ggq #河北新報
01-24 17:39

福島第1凍土壁稼働できず 月末にも完成も規制委、認可に慎重2016/1/24 https://t.co/Sp7ed7GgqI #産経新聞
01-24 17:39

原子力規制委 IAEAの指摘生かせ(毎日新聞 社説)2016年1月24日 https://t.co/Ci4govUYun #毎日新聞
01-24 17:38

IAEAの評価 適正な原発審査に生かせ(産経新聞 社説2)2016/1/24 https://t.co/mxsRXTtN61 #産経ニュース
01-24 17:38

IAEAの評価 適正な原発審査に生かせ(産経新聞 社説1)2016/1/24 https://t.co/86szji08p3 #産経ニュース
01-24 17:37

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top