FC2ブログ
06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

冷戦思考から抜け出せない反核団体を嘆く 

‖ 反核団体は一体何に反対しているのか?

<参院選>野党は「核の傘」に対抗軸を 核禁条約採択から2年 ICAN川崎氏に聞く
2019年7月7日 https://archive.fo/3Rsrl #東京新聞

一部抜粋

「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲(あきら)国際運営委員=写真=は、核兵器禁止条約の国連採択から七日で二年を迎えるにあたり、本紙のインタビューに応じた。参院選(二十一日投開票)の公約で、核廃絶に言及した主要政党が三党にとどまったことに懸念を表明。米国の「核の傘」で日本を守る伝統的な安全保障政策を見直し、対抗軸を示すよう野党に求めた。



反核団体は一体何に反対しているのか?という私の疑問に対し、「そんなの核兵器に決まってるじゃないかw」というツッコミが入りそうです。もちろん、それはたしかにそうです。しかし、私の意図はそこではないのです。

川崎氏の主張をよく見てみると、その配分としては核兵器に反対する以上に、アメリカと日本への憎悪をたぎらせている。そんな印象です。つまり、核兵器よりもアメリカと日本に反対する呼びかけを行っているのです。このような主張は、反核・反原発団体の「あるある」ネタです。

「日本の安全は米国頼みという発想がしみついている。政府は米国の核兵器が日本のために不可欠だと考え、米国に『見捨てられない』ために対米協力を拡大してきた。安保法制しかり、トランプ大統領への接待外交しかりだ。核の被害国として核軍縮による安全をめざすという発想が出てこないのは残念だ」


 「守ってほしいならもっと金や兵を出せと言っている。つまり米国は自動的に日本を守るわけではない。実際、日米安保は岐路に立っている。今日の安保条約は朝鮮半島の緊張を前提に締結されたが、米朝首脳会談を通じ、朝鮮戦争終結が現実味を帯びてきた。新しい安保ビジョンが必要だ」



日本の安全はアメリカ頼みは事実として、政府は別に核軍縮を否定しているわけではありません。自国の安全保障環境に留意しつつ、段階的に進める。そのような方針です。

それから、日米安保は「見捨てられない」、「金を出せ」といった、さながら日本が弱い立場に置かれているという理解は極めて一面的です。日米安保は双方にメリットがあり、むしろアメリカのほうが無くては困る。日本はアメリカの弱みを握っているという見方も可能です。

そして、川崎氏の仰る新しい安保ビジョン。これはこの記事では明かされていませんが、おそらくは、「対米従属をやめ、日米安保・自衛隊を解消して非武装中立国家を目指す」と言ったところでしょう。この手の団体はそういう話が大好きですからね。まずは日本人が率先して丸裸になれと。

‖ 一般人の素朴な疑問に答えられない反核団体

日本国内において、核兵器に賛成という立場は極めて少数。反対が圧倒的であることは間違いありません。しかし、その多数派の素朴な疑問としては、やはり「仮に日本が抑止力を放棄した後、中国はどう出てくるのか?」でしょうね。

しかし、反核団体は、そのような疑問に答えることは決してありません。そして、

川崎哲 「新版 核兵器を禁止する」
2018/2/15 https://bit.ly/2EaEVem

一部抜粋

 中国は二〇〇~三〇〇発の核を保有すると見られている。中国は、NPT上の五核兵器国のなかでは唯一、自ら先に核兵器を使うことはないと宣言している国である。だが、その核戦力の実態は不透明である。中国の急速な軍拡と海洋進出は周辺諸国との緊張を高めており、日本政府は領土問題や歴史問題をめぐって中国をむしろ挑発してしまっている。



このように、何かと理由をつけて、話を中国以外に逸らす(標的になるのはやはりアメリカと日本)パターンが多いですね。中国はどうなんですかと問えば、それは日本が悪いんだとなるわけです。

‖ 平和の敵はアメリカと日本という冷戦思考

私も過去に何度か、日本の反核・反原発団体は「平和の敵はアメリカと日本」という思想に凝り固まっていると批判したことがあります。さながら昔の進歩的文化人や日本共産党のように、社会主義国を平和勢力、自由主義・資本主義国を戦争勢力と位置づけ、アメリカと日本を敵視した話と重なります。

私から見ると、むしろ反核団体の主張こそが冷戦思考に感じます。世界平和はそんなに単純な話ではないはず。そして、先のような分け方をすれば、一歩間違えれば、平和の敵の敵が持つ核兵器は平和に資するという歪んだ思想に転じてしまうでしょう。これを実践したのが共産党なわけですが。

そして、核兵器禁止条約。平和利用の権利を全面的に認めるために、必然的に核兵器の拡散のリスクを高める矛盾を解決するには至っていない。新しいはずなのに古臭い印象です。

私の印象としてはどちらも1950~60年代です。

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

07/10のツイートまとめ 

energynewsscrap

高浜原発 津波対応で再申請へ(福井県)2019/7/10 https://t.co/ndwLYgIS1P #nhk
07-10 19:58

玄海原発差し止め仮処分、住民側の抗告を棄却 福岡高裁2019/7/10 https://t.co/2Z6WpxapjJ #朝日新聞
07-10 19:58

長崎市が平和宣言案提示 「核兵器禁止条約の署名・批准」政府に求める(長崎県)2019/7/6 https://t.co/h4NjpPbolj #毎日新聞
07-10 19:51

核兵器禁止条約採択2年 記念フォーラム開催(広島県)2019/7/7 https://t.co/Ps2Ppp9VPZ #中国放送
07-10 19:50

プーチン大統領、INF全廃条約の履行停止法に署名2019/7/4 https://t.co/F4PhJfuHMi #tbs
07-10 19:48

有志連合への参加可能性「コメント控える」2019/7/10 https://t.co/UCaPSZG2IL #日テレNEWS24
07-10 19:47

米、核計画凍結は「最初の段階」=北朝鮮に完全な廃絶望む2019年7月10日 https://t.co/gZgoGZFJfe #時事通信
07-10 19:47

韓国高官 “化学製品横流し”「証拠ない」2019/7/9 https://t.co/ljHdyMhCrS #日テレNEWS24
07-10 19:46

関連記事

カテゴリ: ツイッターニュースまとめ

comment(0) | trackback -- | edit

page top