FC2ブログ
07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

あきらめよう!原発ゼロ その3 【終】 

‖ ホワイト国問題と平和の敵

最近の日韓における、いわゆる「ホワイト国」除外問題。日本政府は、核兵器等の大量破壊兵器への転用も可能な、機微な製品の輸出管理の強化を理由に、優遇措置を受けられる国(ホワイト国)のリストから韓国を除外。これをきっかけに日韓関係が悪化しつつあります。

この件について韓国側は、WTO違反や日本の歴史認識等を根拠に批判を強めているようですが、私はそれらは別問題と考えています。何より、核兵器に転用される恐れのある製品の管理がルーズであって良い訳がありません。万が一、日本の技術が間接的に、北朝鮮やその他の核疑惑国、テロ組織等を支援する形になっては困るからです。

しかし、案の定というか、反原発派は今回の日本政府の決定を批判し、ホワイト国からの除外を撤回して韓国に謝罪するべきという声も上がっています。ここでも彼らの悪癖、「平和の敵」論が実践されています。やはり反原発派は信用できません。

もちろん、一部で騒がれているような、韓国と国交断絶なんて話は全くの論外です。

‖ 野党はますます期待できなくなる

反原発派が原発問題を独占し、同じく原発に反対している一般人のアクセスを妨害する。その上何かと特定の思想を押し付けてくるので信用できない。しかし、原発は政策なので、うるさい連中の主張はさておき、政治がしっかりしていれば原発ゼロの実現は不可能ではありません。つまり、現状では野党です。

しかし、野党がダメである理由は、以前に述べたとおりです。

野党が政権を取る気がない理由はただ一つ 全2回
2019/6/29 https://bit.ly/33eT6gc (1/2)
2019/7/4 https://bit.ly/2M4VXTA (2/2)

安全保障は日本のエネルギー(資源)安定供給を考える上でも欠かせない論点です。ここを真っ先に否定するのが反原発派の致命的な弱点であることは以前から何度も指摘してきました。

そして、そのような最重要の政策を、既に野党も実質的に放棄してしまっているのです。このあたりは野党共闘を主導する、おそらく革新系の市民連合(例:立憲野党4党1会派の政策に対する市民連合の要望書→ PDF)の影響か、立憲民主・国民民主党も、民主党時代とは真逆の道を行っています。

立憲民主党は、この前の参院選の公約(PDF)で、外交・安全保障は「日米安保体制を基軸としつつ」としていますが、これはウソです。なぜなら、先のコラムで説明したとおり、核兵器禁止条約の批准によって、日米安保体制は無力化するからです。

その他、F-35の必要性を民主党時代には理解していたはずが、現在は「爆買い」等と批判に転じています。政権交代後には廃棄処分にするつもりなのでしょうか。

どうも最近の野党(+支持者)は、自公政権との差別化にこだわるあまり、主要な政策まで真逆であるべきと考えているようです。このあたりが一般的に、「何でも反対の野党」と思われて敬遠される理由でしょう。

野党共闘に市民連合。彼らはまるで、昔の社会党のような、「保守 vs 革新」で有権者にアピールしているように映ります。このような対立軸は確かにわかりやすいのですが、今は1960年代ではありません。

野党が政権を担うと仮定した場合、現実には今とそんなに変わらない・変えられないと思うんですけどね。特に外交・安全保障等、基本政策は維持。そして原発ゼロなど、個別の分野で差別化を図る。これなら一般有権者も選択肢として前向きに検討出来ると思います。私も今まで、原発ゼロ政党に無条件で投票はしていませんので。

‖ あきらめよう!原発ゼロ

反原発派は原発よりも自らの思想を広めることを重視。彼らの話を真に受けると、下手をすれば北朝鮮の核開発を擁護することになる恐れもあり、大変危険です。野党は共闘路線で社会党化が進み、現実離れした政策に傾倒。今後は山本太郎・左派ポピュリズムの影響で、ますますそっち方面に磨きがかかり、後戻りは出来なくなるでしょう。

世論は国際情勢等も含めて、常識的な国家運営を前提とした原発ゼロであれば大賛成。しかし、残念なことに、原発ゼロに関わる組織や政党は、基本、まともじゃないんです。

原発は危険であるとか、テロ対策や核のゴミはどうするか?たしかにこれらは重大な問題です。原発が持つ潜在的なリスクは、決して風評被害ではなく、時には国家レベルの災害になり得ます。福島原発事故は不幸中の幸いでした。そして、原子力の平和利用と軍事利用は表裏一体の関係にあり、安全性だけを見ていれば良いわけでもありません。

しかしながら原発問題は、既に到底まともとは思えない、社会の少数派の団体や政党が独占し、事実上、多数派である一般人のアクセスが遮断されている。したがって、私達としては、問題は最初から存在しなかったことにして、残念ながらあきらめるしかないということなのです。もちろん、それで問題が消えてなくなるわけじゃないんですが‥。

そうですね。仮に今、原発ゼロに興味を持ち、例えば夏休みを利用して‥と考えている方がいるとすれば、私は絶対に反対します。あなたの純粋な熱意は、いかがわしい活動家や万年野党の生活費・酒代に使われるだけです。私のようにそのような人達と関わらないように勉強しても、結論はおそらく変わらないので意味がないと思います。

日本の原子力政策は、行き着くところまで行くしかありません。


ブログ「冷やし狸庵」は本日で終了です。長い間お世話になりました。 

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top