FC2ブログ
10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

れいわ新選組 山本太郎は絶対に許さない! その3 

‖ れいわ支持者の「一部」は認識がズレている

れいわ新選組については、支持者の間で、一部では陰謀論を信じこんでいる・触れ回る人がいるとして、一体どうしたものかと危惧している場面をよく目にします。

れいわ・山本支持者と言えば陰謀論がつきものです。一例を挙げると、まずは最近話題の「桜を見る会」。これは実は、安倍が裏でとても悪いことを画策していて、それについて国民の関心をそらすための目くらまし、スピンコントロールだ!と警鐘を鳴らすとか。同様の事例では、田代まさし氏にエリカ様。これらもやはり安倍のせいだそうです。その他、馬淵澄夫氏の交通事故については、数日前に山本氏と消費税の勉強会を行ったため、これは安倍が仕掛けた(暗殺未遂)と断定。

こんな感じで、とにかく、何もかも安倍が仕組んだ罠であるみたいなwさらにエスカレートすれば、近年の日本における大型台風巨大地震等の自然災害も、全ては安倍の陰謀ということになり、もはや付き合いきれません。

根も葉もない、バカげた話の数々。しかし、なぜかネットでは、案外「なぜこのタイミングで‥?」みたいに支持される傾向にあるのが不思議です。全てはゴルゴムの仕業みたいに、社会的に一定の地位や信用のある方ですら、そんな与太話に夢中になっています。

先程の、れいわ・山本支持者が特にこだわるスピンコントロールという手法。仮にこれが成立するならば、それは国民のレベルがどうにもならないほど低いならあり得るかも知れません。どんな重大な事件もCM中に忘れる。聞いた話を3歩歩いたら忘れるとか。要は人をものすごく侮辱している話だと思います。スピンを煽る当人が一番人をバカにしているのです。

ネット上で流布される、日常で起きるあらゆる事件・災害と安倍政権との関連性を指摘する陰謀論は、大抵の場合はれいわ・山本支持者が発信源であることが多いです。そういう意味では、常識的なれいわ支持者による「憂慮」は、正しい認識と言えるでしょう。

しかし、実はこれは間違いなのです。間違っているのは陰謀論を憂慮する支持者の方なのです。なぜなられいわ、すなわち山本氏の政治手法は陰謀論そのものだからです。

‖ 山本太郎の政治手法は陰謀論そのものである

山本氏の政治手法、そのベースは当初から陰謀論である。これは山本氏の過去の発言からも明らかです。彼は誰がどう見てもまともではありません。

【動画&文字起こし全文】れいわ新選組街頭演説会 19.7.18 福島・福島駅東口
2019/7/18 https://bit.ly/2OV7DqS

一部抜粋

あっ、不正選挙の話しされてますか? あーなるほど。不正選挙のことが、いろんなところ行っても、いろいろ話聞くんですけど。決定的な、証拠といいますか、国会審議に耐えられるようなファクトがないんですよ。そうなんです。おっしゃる通り。不正がないわけないですよ。不正しかなかったんだから、今までの政治。公文書改ざんしたりとか、隠蔽したりとか、8年分のデータなくなったりとか、イラクの日報の問題とか、不正しかないじゃないかって話ですよ。そういう連中が、選挙の時に不正しないか? ありえないでしょ、それ。選挙以外は全部不正しますけど、選挙だけは真っ白です、なんてありえないってことですよ。



山本支持者の得意ワザといえば「不正選挙」です。これは安倍氏(最近、ムサシという開票機材を扱う企業の筆頭株主が安倍氏という説が広まりましたが、もちろんデマです)や自民党、あるいは党関係者が開票作業において、何らかの方法を用いて集計の改ざんを行い、自在に候補者を当選させているという話です。

山本氏の巧妙なところは、不正の証拠はないとしつつ、政治は他でいろいろ悪いこともやっているからとして、「ある」と聴衆を煽っていることです。関連性のない話題を積み上げて、結果的に不正と断定する。やってることは中世の魔女狩りそのものだと思います。

山本太郎(Twitter)
2015/7/20 https://archive.ph/jeT5V

戦争法案は手の施しようのない東電原発事故などに対する壮大なるスピンコントロールであり 行けるとこまで行ってやろう、と言う政治家と官僚と経済団体とメディアによる、この国の未来を諦めた、今だけ、金だけ、自分だけ、 の日本国大SALE政策の一部。 冗談じゃない。ケジメ取ってやろうぜ。



最初に紹介したスピンコントロール。これも山本氏はよく用います。それにしても原発事故の影響を隠すための安保法制とは、随分と豪快な解釈です。

山本太郎参議院議員「真相究明せぬまま執行ですか」松本智津夫死刑囚の死刑執行で安倍政権を批判
2018年7月6日 https://archive.ph/6IXXB #ガジェット通信

一部抜粋

7月6日、オウム真理教の元代表・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が執行されたと報じられる。テレビ各局は、8時50分頃からテレビ東京を除き速報としてこのニュースを大々的に報じていた。
松本死刑囚をはじめ、教団幹部の死刑執行も次々に速報として報じられる中、9時過ぎに山本太郎参議院議員(@yamamototaro)は『Twitter』にて

真相究明せぬまま執行ですか。政治に目を向かせない、7月いっぱいまで目をそらす、安倍政権おあつらえ向きのスピン。これで7月乗り切って、8月訪朝で調整してるなら、選挙あるかもな。



オウム真理教・松本智津夫被告の死刑執行も安倍政権によるスピン。これでは箸が転がっただけでもスピンですよ。まあこっちの場合は意味としては正しいんですがw

「子宮頸がんワクチン」接種めぐり議論 山本太郎氏演説で注目、関係各所の見解は...
2019/10/21 https://archive.ph/NXNQT #jcast

一部抜粋

山本氏は、インフルエンザなどの他のワクチンに比べ、子宮頸がんワクチンは、接種後に重篤となる割合がかなり高いとして、このようなワクチンを強制的に接種するとすればいかがなものかと疑問を呈した。
そして、ワクチンによるがんの予防効果は証明されていないとする厚労省の資料を示し、「人体実験してんじゃね~よ、というお話ですね」と声を荒げた。



ワクチン接種の安全性にかんする議論はさておき、人体実験という過激な発言。いかにも山本氏らしいですね。

山本氏は、安倍政権が悪政の限りを尽くしていて、それに対抗する正義のヒーローというキャラ設定で政治活動を行っている印象です。やたらと日本が壊されている・売られるとか、山本氏がよく使うキャッチフレーズです。ワクチン接種にしても、安倍政権=悪、だから人体実験という発言になるのでしょう。

ワクチン接種については、例えば各国政府やWHOなどがグルになって、増えすぎた人口を減らすために効果あると謳い‥なんて陰謀論があります。もちろん山本氏の支持者はそういう話が大好物です。山本氏の過激な発言がワクチン陰謀論を助長している側面があることは否定できないと思います。

これらは山本氏の陰謀論ネタとしてはごく一例です。他にもネタは呆れるほどたくさん転がっています。

‖ 陰謀論 vs 陰謀論

一方で、山本氏は陰謀論に与しない、彼は本当に真面目で誠実なんだと弁護をする方も見られます。

山本太郎氏、日本母親連盟を支持者の面前でぶった斬り!
2019年2月28日 https://archive.ph/mUbMi #ハーバービジネスオンライン

一部抜粋

2月26日、くにたち市民芸術小ホールで開かれた日本母親連盟西東京地区主催の講演会に参議院議員の山本太郎氏が登壇。同連盟の関係者の非科学的な言動や、ニセ科学と指摘されている「ホメオパシー」との関係、右派団体「倫理法人会」や「日本会議」等との関係などを指摘し、今夏の参院選において同連盟からの支援は受けないと断言した。



陰謀論ネタで度々話題になる日本母親連盟。山本氏は同連盟が主催する集会で「ぶった斬り」した経緯もあり、山本氏の支持者の一部からは、彼は正気であると擁護する方も見られます。

しかし、これをもって山本氏が陰謀論者ではないとするのは無理があります。例えば人類の支配者がフリーメーソン、あるいはイルミナティー、闇の政府?ビルダーバーグ会議であるというように、陰謀論者間でも認識の違いがあるのは当然だからです。つまり、「陰謀論者」はひとくくりには出来ない。したがって、山本氏が特定の団体からの支援を拒否したからと言って、それでは全く弁護にならないのです。そして現実に、山本氏は例に挙げたように、日常的に陰謀論を駆使して聴衆を煽っているわけです。

‖ 常識ある者は去れ‥いや、そのまま居てくださいw

私は原発問題で山本氏のデタラメさを重々承知していたので、最近のれいわ支持者による「憂慮」について、何を今更というのが正直な感想です。「太郎は最近おかしくなった」という意見も同様です。山本氏が当初から陰謀論を駆使してきた以上、周りがそういう話題で汚染されるのは当たり前じゃないかとwしたがって、山本氏やれいわ新選組に世間一般の常識論を持ち込むことは、むしろ非常識なのです。

れいわ新選組・山本太郎の支持者に常識人は要らない。支持者の要件は、とにかく非常識であること。それが実践出来ないのであれば、一刻も早くその場から立ち去るべきです。

しかし、常識ある人が憂慮しつつも、結局は山本氏への依存から抜け出せず、そのままズルズルと行ってしまう様子を見るのも面白そうですw山本氏を支持しているのであれば、どうかその気持ちを大切にしてください。そして余計なことは考えず、喜んでその身を捧げるべきです。

その4につづく

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

れいわ新選組 山本太郎は絶対に許さない! その2 

‖ 既に山本太郎は原発問題を見限っていた

山本太郎氏は原発問題について、れいわ新選組の設立前の段階で、既に実質的に用済み・利用価値のないものと考えていたようです。

増刊 月刊紙の爆弾 NO NUKES voice vol.19
2019年3月11日
https://bit.ly/2qtovx2
https://archive.md/LFEA0

一部抜粋

質問者 私の質問は単純です。われわれ国民が何をやったら、原発は止まりますか?

山本 票をどれだけ集められますか、おカネをどれだけ集められますか、ということに尽きます。票にならないことはやらない、おカネにならないことはやらない。それが政治の世界です。‥原発を止めるなら、各選挙区において原発に反対する市民側が、これだけの票を持っているんだということを示す必要があります。‥
 私はいま、それを消費税でやろうと思っているんです。もちろん原発や被曝の問題でやってもいいんですよ。だけど、多くの人にピンとくるテーマは消費税だと思うんです。



原発事故以降、積極的にデモなどに参加し、熱狂的に原発ゼロ・脱被ばくと叫び続けていた山本氏。しかし、いつしか彼の原発問題への熱意は冷めてしまい、(原発は)票やおカネにならないと言っています。山本氏は原発問題をきっかけに参議院議員を経験した身でありながら、随分勝手な言い分に思えてきます。原発ゼロに期待して山本氏に票を投じた方々への配慮が全く感じられません。

山本氏は原発ネタに飽きて、次は消費税廃止を訴えています。消費税については、原発推進派の三橋貴明氏が山本氏のブレーンの一人でもあるためか、原発問題に触れることはご自身の政治活動上、もはや邪魔になったということなのでしょう。私としては、原発問題を無用に混乱させた厄介者がいなくなってくれるのであれば、それは大変ありがたいことだと思っていますw

‖ 原発ゼロの最大の抵抗勢力は「非常識な人達」である

身勝手で迷惑極まりない山本氏に代わり、私が質問者に誠意を持ってお答えするならば、原発問題は非常識な人達に囲まれている限りは絶対に解決しないということです。

世論の圧倒的多数は原発ゼロに賛成。ということは、本来はそれが票やおカネにつながる可能性は高いはず。しかし、それが現実には思うように行かない理由。それは、第一に反原発の活動家・オピニオンリーダーが、特に国家運営の基本である外交・安全保障政策について、およそ世間では通用しない、ムチャクチャな思想や主張を押し付けてくるからです。これは最近のホワイト国、GSOMIA問題が良い例です。反核・反原発を謳う方々が、なぜか日本政府はとにかく韓国に謝罪して、無条件でフッ化水素の輸出を再開せよと主張しています。彼らは北朝鮮の核開発に期待しているということなのでしょう。

第二は政治の問題。原発ゼロの受け皿となるべき、国内・国際的な一般常識やさじ加減をわきまえている政党が不在であるということ。野党共闘の弊害、すなわち社会党化が進み、こちらも外交・安全保障の基本認識について、既にまともではなくなっているのです。事実上、外交政策の基本方針や個別的自衛権すら放棄している、極めて異常な状態です。

原発ゼロでその他一切の政策も何もかもゼロ。こんなバカげた話が一般有権者に通用するわけがありません。だから有権者は原発ゼロ政策を支持しながら、やむなく原発ゼロ政党を素通りするのです。私もそういう立場です。

逆説的な言い方になりますが、本当に原発ゼロを実現したければ、一度既存の反原発団体や野党を徹底的にぶっ壊す、完膚なきまでに叩きのめすことでしょうね。

‖ 山本太郎の本質は「パフォーマー」である

福島原発事故。これは日本の歴史上、未曾有の大事件であり、同時に有象無象の、世相の混乱に乗じて名前を売りたい人々にとっては絶好のイベント・祭りでもありました。事故を契機に、雨後の筍のように「原発の真実」を知っているらしい、いかがわしい自称専門家が多く世に出ることになったわけですが、その中でも特に大きな成功を収めたのが山本氏であったと思います。

私は「その1」で、山本氏は上手い役者さんだから(有権者が)騙されると述べましたが、今考えるとこれはちょっと違うかなと。こちらについては役者ではなく、「パフォーマー」と表現したほうがより適切なのかなと思います。

山本太郎という人物は、その本質はパフォーマーである。その真意とは、とにかく目立つことです。どんな手を使っても良いので、とにかく世間の関心を引き、拍手喝采を浴びることが彼にとっての無上の喜びであり、至高の快楽であり、生きている証である。それが私の山本太郎評です。

そのため、山本氏は原発事故が他の山師達と同様に、とてつもないチャンスと映ったのでしょうね。次はコレだと。だから世間が向き合わざるを得ない被ばく問題を足がかりとした。もともとパフォーマーとして芸能界にデビューした経緯もあり、場を掴む技術には長けています。そして役者仕込みの迫真の演技に加え、あらゆるデマや陰謀論を駆使。その甲斐あって、社会の一定層からの注目・支持を得ることに成功したわけです。

しかし、このようなある意味反社会的な行動であっても、現実に世間の支持を集めることは容易ではありません。例えば、これまで世間で名を馳せた大物詐欺師にしても、その大半が、どこかある種の人たらし・カリスマ的な要素、雰囲気がありました。人をその気にさせるのは、良い意味でも悪い意味でも大変難しい。そういう意味で、たしかに山本氏には才能があると思います。

さて、パフォーマー・山本太郎が原発ネタの次に目をつけたのが、先に紹介した消費税です。山本氏は消費税廃止を掲げ、同時に他の野党に対し、最低5%減税を容認して共闘しなければ刺客を立てる、仁義なき戦いを仕掛けると公言しています。

山本氏は原発問題で培ったデタラメのノウハウ・テクニックを駆使して、今度は舞台を消費税(税制)に移してやらかそうとしているわけです。

私は消費税には特に興味はありませんが、今後野党や支持者のみなさんが山本氏のパフォーマンスに翻弄される様子を楽しみ(既に一部ではそうなってますがw)にしています。せいぜい楽しませてもらいますよ。

その3につづく

関連記事

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

記事の補足・最近のニュースの感想などをもう少し 

‖ ブログ再開のお知らせ

ブログを終了してから3ヶ月ほど経ちました。私はブログをやめてもいつものとおり、暇な時間に趣味の原発・エネルギー問題の勉強を続けています。

ブログについてはもう続ける必要はないと考えていましたが、少し前に最後のあたりの記事をいくつか読み直したことで気が変わりました。

そのようなわけで、このあたりについて最近のニュースの話題も踏まえて、いくつか補足的な記事を投稿して本当に更新終了ということで、若干の「続き」をやってみようと思います。

今のところ、予定している記事はこんな感じになっています。なお、タイトルは全て仮称です。

(1) れいわ新選組・山本太郎は絶対に許さない! その2
(2) 反核・反原発団体は令和時代を生き延びることが出来るか?
(3) 原発推進派は一刻も早く「安倍おろし」を
(4) 原発推進・日本共産党は原発を決して諦めない

記事の投稿は来週~月末あたりからを予定しています。全部で5、6回くらいになると思います。

なお、記事の内容については、これまで何度も触れてきた話を説明するのも面倒なので、基本事項・用語等については、やや省略した形式になると思います。

関連記事

カテゴリ: 未分類

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top