09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

北朝鮮のミサイルは原発より東京に 田中俊一規制委員長の発言は失言ではない その4 

今回は、実質的にはその2の続きになります。

話の確認になりますが、その2でも述べたとおり、北朝鮮が意図的に原発をミサイルで攻撃する場合は、これは一時停止や廃炉では到底対応できず、基本的には原子力規制委員会の議論の対象外になります。

そして、どうせやるからには原発より首都圏のほうがはるかに効率的ですが、かといって、どちらもやられては困るので、今回はその対処法についてですね。

‖ 個別に考えてもキリがない

この問題は、個別的に「○○にミサイルを撃たれたらどうしよう」というよりも、日本に向けてミサイルを撃たれない方法を考えるほうが早いでしょうね。あれこれ考えると、各種インフラ設備、国際会議の会場、東京オリンピック(2020年)、あるいは国会議事堂や皇居など、撃たれたら困る候補はそれこそいくらでも出てきますからね。

それでは日本をミサイルの脅威からどのように守るのかと言えば、これは結局、「撃たれないようにする」以外の有効な手段は無いと思います。

これではなんだか身も蓋もない話のように思われるかもわかりませんが、撃たれたら困るのであれば撃たれないようにする。そのような対策を取れさえすれば、少なくとも当面の間は原発であれ国会議事堂であれ、他国の意図的な攻撃から各施設を守ることは可能です。

すなわち、この問題は個別的な枠を超えた、国家安全保障(=National Security)の議論ということになります。

‖ 日本は既にミサイルの脅威から逃れるための有効な手段を備えている

他国による意図的な攻撃から日本を守るという意味においては、日本は既に必要十分な手段を備えていると、私は考えています。

この辺りは、端的に言えば抑止力ということになりますが、この最たる例が「日米同盟(日米安全保障条約)」ということになります。すなわち、この同盟関係が成立する間は、第三国による意図的な日本への攻撃はアメリカへの攻撃と同義とみなす(=反撃する)という話ですね。

少し余談になりますが、日米同盟に関しては、よく日本では「有事の際に本当にアメリカは攻撃するのか」というような意見も少なくないようです。

しかし、これは同盟の当事者が考えることではなくて、二国間の同盟関係を第三者がどのように受け止めるのかという話です。そういう意味では、「アメリカは信用できない」という意見自体が、かえって日本の安全保障環境を低下させるとも言えるでしょうか。

余談はさておき、日米同盟という抑止力を補完するといいますか、ある種の保険的な手段としての、自衛隊(自衛隊は憲法の規定上、抑止力を備えた組織とは言えませんので)のミサイル防衛(BMD)もあります。イージス艦のSM3、地上配備のPAC3で、弾道ミサイルが日本の国土に着弾する前に破壊する仕組みです。

‖ 安全保障とは「相手に考えさせる」ことにある

北朝鮮が日本に向けてミサイルを撃つときは、それは北朝鮮としての体制・国家の崩壊を意味します。その担保となるのが、一義的には日米同盟と自衛隊の防衛能力ということになります。

つまり、興味本位でミサイルを撃っても、それなりの確率でミサイルは破壊され、同時に安保条約が適用されて北朝鮮は一報的な反撃を受けるだけ。これではメリットがないので迂闊なことはできない。

一般的に(特に原発反対と仰る方は)は、安全保障や抑止力という言葉を聞くと、よく「戦争準備」や「人殺し」という物騒なイメージをされる方も少なくないのですが、これらは実際には、「相手に再考を促す能力」とでも解釈したほうが現実に即していると考えます。

誰一人として、「お前を殺すぞ!」とは言ってはいないものの、相手が下手なことをすれば、それによって得られるメリットはなく、一方的な手痛い反撃を受けるだけと考えさせること。これが安全保障の極意であり、すなわち、日本がミサイル攻撃を受けないための唯一の方法と言っても差し支えはないと思います。

そのような意味でも、脱原発、原発を安全に廃炉にする上でも、日本の安全保障環境がそれなりに整っていることは必要不可欠な条件と言えるでしょう。

‖ 心配でも騒ぎ過ぎは逆効果に

そして、日本は既にその手段を備えているので、マスコミの報道姿勢、政府関係のCM等も含めて、過度に北朝鮮の危機を煽ったり、あるいは避難訓練みたいなことをするのは、ちょっと行き過ぎのような気もします。これではかえって北朝鮮に自信を付けさせることにもなりかねないからです。

北朝鮮問題は、本来は冷静に対処するべきところまで慌てているような印象で、これでは一般市民が必要以上に不安に駆られても仕方がない面もあると思います。

・・私も一般市民なのに何を偉そうにw

その5につづく

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top