03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

反原発・ニセモノ狩りの記録5-全てはアメリカが悪い- その2 

先回のニセモノ狩りの記録5の続きになります。つい先ほど、このテーマに関するたいへん興味深い動画を発見しましたので、今回紹介したいと思います。今は亡き「キンキン」こと、愛川欽也氏の「パックインニュース」です。

kinkin.tv 愛川欽也「パックインニュース」 2012.10.06


‖ 「外交の寝技」と「虎の威を借る狐」の話

この動画の1:12:00あたり。ISEPの飯田哲也氏が、先回紹介した古賀茂明氏と同様の見解を仰っている点に注目していただきたいのです。「経産省も東電も一枚岩に見るのではなく、アメリカも一枚岩で見ない方が良くて・・」というくだりです。

ここでは飯田氏が、アメリカが日本が脱原発したらまずいという話を、経団連と東京電力がお金を出してアメリカのシンクタンクにレポートを書かせたのだと仰っていますよね。そうです。前回私が書いたように、日本側の都合をアメリカ(あるいは国際社会)の要求にすり替える「寝技」の話と全く同じことを仰っているのです。この辺のことを飯田氏の場合は、「虎の威を借る狐」と表現しているわけですね。

‖ 常に「見えない敵」を想像しては怒り狂う原発反対派

どうにも3.11以降の原発反対論をウォッチしていると、何かにつけてアメリカを悪の元凶にしたがる人が出て来るんですけども、こういう人達は一体何がしたいんだろうと常々悩んでいるところです。原発問題に便乗して、何らかの政治的な主張(党派的)を広めたいとか、そういうことなんでしょうか?そしてそんな俗説に安易に引っかかってしまう反対派の方々もいかがなものかと思います。

何と言いますか、原発をやめるうえで一番大切な、国民的な合意形成・コンセンサスという手順を放り出して、次々と想像上の「敵」を作り出しては勝手に怒り狂っている。ネットの原発反対論はそんな傾向が続いている印象です。まあ「ネットde真実」ってことでしょうかね?

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiyashitanukian.blog.fc2.com/tb.php/123-d625f627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top