FC2ブログ
08// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //10
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

電力・エネルギーニュース ショートコラム(12) 

‖ 野党は出来ないことを承知の上で「原発即時ゼロ」を要求している

「原発ゼロ」法案の審議求める集会 野党側の議員ら
2019/6/7 https://archive.fo/absnB #nhk

一部抜粋

「原発ゼロ」の実現に向けて、すべての原発の廃炉などを目指す法案を提出している立憲民主党など野党側の議員らが国会内で集会を開き、今の国会で速やかに法案を審議するよう改めて訴えました。
「原発ゼロ」の実現に向けて、立憲民主党、共産党、社民党などはすべての原発を廃炉にし、再生可能エネルギーの普及などを目指す法案を去年、衆議院に共同で提出しましたが、与野党の合意が得られず、法案の審議は行われていません。



原発を段階的に減らし、最終的にゼロを目指す。すなわち、「脱原発」のための法整備を議論することには、私も大いに賛成です。

しかし、いま野党が国会審議を要求している原発ゼロ基本法は、その中身は即時ゼロ。そのため本来は、「反原発」基本法とするべきなのです。そしてこれでは破たんは目に見えているという話は、以前から述べたとおりです。

民主党政権が2030年代原発ゼロを実質的に放棄した理由。それは、一言で言えば「根回し」が出来なかったことに尽きます。そのため、少なくとも立憲民主党がこの会合に出席することは場違いなのです。政権時の反省に立ち返り、それを今後に活かす気があるとすればの話ですが。

野党側の狙いは、審議を開いて安倍総理に「原発ゼロは無責任」と言ってもらうことでしょう。これを政権批判のネタにするわけです。

でも、実質的に出来ないことを要求して批判をすることになるわけで、なんだか変な話に思います。

‖ 反原発、反核団体が支持されない理由

「原発ゼロ」法案の審議求める集会 野党側の議員ら(佐賀県)
2019/6/7 https://archive.fo/90qNH #佐賀新聞

一部抜粋

社民党佐賀県連や労働組合などでつくる原水爆禁止県協議会(徳光清孝会長)の総会が8日、佐賀市の自治労会館であり、約40人が参加した。再生可能エネルギーへの転換と脱原発、核兵器廃絶に向けた取り組みを進め、核のない世界を目指す本年度の運動方針を確認した。



核兵器のない世界を目指す、反核という考え方。これは基本的には、核の軍事利用(核兵器)に反対し、平和利用(原発)は推進。国際的にはそのような考え方が大勢であるのが実情です。

そのような意味では、原水禁のように、核兵器にも原発にも反対する団体はユニークとも言えますし、私もその点については高く評価しています。例えば共産党系の原水協(反・脱原発=反科学という立場)のように、福島原発事故の後、そそくさと原発反対に転じたような団体とは違い、筋が通っているなと思います。

しかし、そんな原水禁が抱える致命的な問題は、以前のコラムでも述べた「平和の敵はアメリカ・日本」という公式に固執していることです。原水禁に限らず、基本的に、日本の反原発・反核団体は、原発や核兵器に反対し、同時にアメリカと日本を敵と捉えているのです。

徳光会長はあいさつで、米国の中距離核戦力(INF)廃棄条約からの離脱表明などを踏まえ「まさに自国ファースト。経済や防衛で自分の国さえよければという考えが広がっている」と懸念を示し、核抑止力によらない社会の実現を訴えた。



INF条約は、アメリカから見ればロシアが違反を繰り返し、ロシアから見るとアメリカがという堂々巡り。その他、米露の条約締結後の軍事技術の進歩、国際的な安全保障環境の変化(INF=米露二国間に縛られない、中国の中距離核戦力の拡充)等、総合的な制度疲労を指摘する声も多いですね。

たしかにトランプ大統領の一方的とも言える離脱表明は乱暴に思います。しかし、既に米露間では中国も巻き込んだ、新たな核軍縮条約の議論を進めています。お互いに冷戦時代にもどる意思はないことの表れです。

核兵器の問題をアメリカ、同盟国の日本(記事には書かれていませんが、原水禁はそのようなスタンスです)にばかり押し付け、その他の事情はスルー。このあたりは、原水禁が旧社会党系の団体であることの限界なのでしょう。しかしこれでは国民の広い支持を得られるわけもなく、結果として歴史的な役割を終える日も時間の問題かと思います。

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top