01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

余剰プルトニウム物語 -頼れる核兵器材料?プルト君- その1 

今まで折に触れて「余剰プルトニウム問題」について書いてきましたが、もちろん、これには一般の原発から再処理されたプルトニウムが核兵器の材料になり得るという前提がありました。なぜ利用目的のないプルトニウムを溜め込むことが問題なのかと言えば、それは国際的には核兵器を持つ意志があるとみなされても仕方がないからということです。

‖ 原発のプルトニウムでは核兵器は作れない?

しかし、このような話は少なくとも日本国内では否定されてきたというのが実情です。なぜかと言うと、それは「原発から再処理されたプルトニウム(原子炉級プルトニウム)では核兵器を作ることが出来ない」という理由からです。核兵器に使用できるプルトニウム(239)は純度が93%以上必要で、それに比べて原子炉級では60~70%にしかならない、だから不可能であると、原子力の専門家やマスコミ等が繰り返し「定説」として説明し続けてきたのです。

原子炉級プルトニウムに関しては、例えば原発事故後に「プルトニウム物語(プルト君)」という動画が話題になりましたが、ここでも触れられている話です。動画の2:30~をご覧ください。この動画は「プルトニウムは飲んでも大丈夫」という話ばかりに目が向けられていますが、私としてはこちらの話の方を重視しています。

プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君
1993 動力炉・核燃料開発事業団(動燃、現日本原子力研究開発機構)



原子爆弾には、純度93%以上のプルトニウムが使われていると言われています。一般の原子炉で使われているプルトニウムでは、純度はせいぜい、70%程度ですから、これで原子爆弾を作るのは非常に困難です



【究極の原発話】 朝日新聞は「核燃サイクル」が大っ嫌いなようだが、「核兵器に転用」などと不安あおる手法は無責任ではないか?
2015/9/22 1/2/3/4/5/6/7/8 #産経ニュース

1、5より一部抜粋

反原発新聞が、どれだけ核燃サイクルを嫌っているか、最近の社説を拾ってみよう。
 毎日新聞は8月30日付朝刊で「幕引きこそ知恵絞れ」という見出しで、核燃サイクルは「技術や安全性、コスト面で大きな問題を抱えている」との社説を掲載した。

・・

その上で、「再処理で生じるプルトニウムには、核不拡散の観点からも大きな問題がある。消費できるあてのないまま軍事利用が可能なプルトニウムを生産すれば、国際社会から疑念を持たれることにもなる」とその理由を挙げる。



取材班は再処理に携わる関係者に「核兵器に使うことは可能か」と直接聞いてみた。
 関係者は「サイクルで回収されるプルトニウムは質が悪くて、純度の高いプルトニウムを用いる核兵器にはとても転用できない」と率直に語る。
 関係者によると、六ケ所村にある再処理工場では、ウランとプルトニウムを必ず混合して回収している。プルトニウムを単独で回収できず、もともと核兵器に転用できない工程になっているという。



このように、原子炉級プルトニウムが核兵器に転用できるというような話は「悪い話」であり「誤解」であり、「反原発新聞の不安を煽る手法」であるというような話が、今日に至るまで言われ続けてきているわけですね。

そのような説明で納得してしまわれる方が思いのほか多いのが残念なのですが。

その2につづく

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top