01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

冷やしたぬき放談傑作選(反・脱原発の違い、日米原子力協定、統治行為論ほか) 

‖ 50回目の節目を迎えて

原発・エネルギー問題に関連するコラム「冷やしたぬき放談」の連載も50回を超えることになりまして、今回は51回目になります。

区切りの回数ということもあって、ここで少し立ち止まってみようと言いますか、今回は「冷やしたぬき放談傑作選」と題しまして、今までの連載の中から当ブログイチオシの記事をピックアップして紹介したいと思います。当ブログを初見の方や、以前からお越しいただいてまだ未読の記事もあるかもしれません。もしご興味をお持ちいただけましたら、ぜひご一読のほどをお願いいたします。

反原発と脱原発の違いって?(全3回)

1) http://goo.gl/3XFV0q 2) http://goo.gl/JSn961
3) http://goo.gl/Z8ojUz

「反原発」と「脱原発」、世論はどちらを向いているのか?(全3回)

1) http://goo.gl/wckT3F 2) http://goo.gl/4ha1M3
3) http://goo.gl/7B8or0

いわゆる「反原発」と「脱原発」の違い、定義論について。たいていの方は「そんなのどっちも同じだろw」と捉えがちですが、「反」と「脱」の一字違いでも結構違うぞと、私は考えています。

反原発・ニセモノ狩りの記録7 -日米原子力協定-(全8回)

1) http://goo.gl/TwuX5o 2) http://goo.gl/oOKoX8
3) http://goo.gl/GJOwqO 4) http://goo.gl/u0hksG
5) http://goo.gl/n2AWSU 6) http://goo.gl/bPwygf
7) http://goo.gl/gNPwDC 8) http://goo.gl/0QWN20

反原発・ニセモノ狩りの記録7 -日米原子力協定- 応用編(全4回)

1) http://goo.gl/1Mfwht 2) http://goo.gl/X0bl1I
3) http://goo.gl/V3RzmY 4) http://goo.gl/FGNJPg

2013年頃から、特に3.11以降に原発反対派になった方の間で半ば「定説」とされている、「日米原子力協定を破棄しない限り絶対に原発がやめられない」という俗説への批判。「ネット de 真実」みたいな話がかえって原発反対論にとっての障害にしかならないという内容です。豪華ゲストも多数共演の、当ブログのイチオシ企画になります。


‖ 日米原子力協定第16条3項の「適応可能な限り引き続き効力を有する」とはどういう意味なのか?

日米原子力協定の連載で一つ書き忘れていた話題があったことを思い出しましたので、ここで追記させていただきます。

日米原子力協定第16条3項(全文PDFはこちら)には、このような文言があります。

3 いかなる理由によるこの協定又はその下での協力の停止又は終了の後においても、第1条、第2条4、第3条から第9条まで、第11条、第12条及び第14条の規定は、適用可能な限り引き続き効力を有する。



日米原子力協定を破棄しないと原発がやめられないと仰る方は、これが「日本が原発をやめられない証拠」であるとか、「協定が終了しても効力が続くなんて、こんな条文はおかしい!」みたいに大騒ぎする方が少なくないのですが、これも私が繰り返し説明してきた「日米原子力協定の定義」を理解していれば、何のことはない話であることが分かるのですが。

日米原子力協定とは「日本の核武装の壁」なのですから、この条文は「たとえ協定が無くなったとしても、日本は核兵器を製造したり他国に配ったりしないでくださいね」という、ある種のアメリカ側のお願い(=適用可能な限り)のようなものです。原子力の軍事利用に手を染めない代わりに平和利用の技術協力をしますよという協定で、それが無くなった途端に軍事利用を追究されても困るということです。

まあ何と言いますか、騒ぐ必要のない些細な事柄から「見えない敵」を想像しては大騒ぎする。原発問題は一義的には国内問題、内的要因であるのにもかかわらず、なぜか「外的要因」に執着してしまう。特に3.11後に新たに原発反対に回った方というのは、そのような習性、悪癖をお持ちの方が多い印象です。そのような行動が、実社会で本気で原発を止めようと汗を流している方々を妨害する結果になっていると、私は強く懸念しています。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top