04// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //06
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

風力は原発を抜いたか!? 

世界の風力発電、原発抜く 15年、新設過去最大
2016/2/20 https://archive.is/Gi3g3 #共同通信

一部抜粋

世界の風力発電の発電能力が2015年末に14年末比17%増の4億3242万キロワットに達し、初めて原子力の発電能力を上回ったことが、業界団体の「世界風力エネルギー会議」(GWEC、本部ベルギー)などの統計データで20日、明らかになった。
 15年に新設された風力発電は6301万キロワットと過去最大で、原発約60基分に相当する。



昨今の再生可能エネルギーブーム。これは福島原発事故の影響もあると思いますが、実際にはそれ以前から再エネに対する期待は大きく、ブームの兆しはありました。世界的な傾向としては、特に風力発電が注目されている印象です。

私個人としては、あまり再エネ関連には興味がないというのが実際のところなのですがwとはいえ、この手のニュースでは必ずと言っていいほど出てくる「原発○○基(あるいは機)分」みたいなフレーズがありますが、こういう記事を目にするたびに「こういう表現はいかがなものか」と思ってしまうのです。

‖ 能力と実力は異なる

先ほどの記事によれば、世界の風力発電の設備容量(能力)が4億3000万kWに達したとあります。これは現在の世界の原子力発電の設備容量である3億8000万kWを5000万kWほど上回ることになりますが、もちろんこれをもって「風力が原発を抜いた」とは言えません。

記事中の「発電能力」ですが、これを電気を生み出す能力と解して比較すれば、これは原発の方に相当分があります。

この話は電気出力「○○kW(キロワット)」と、実際の発電量にあたる「△△kWh(キロワットアワー)」の違いであり、もっと簡単に言えば「最高時速と走行距離」の関係です。つまり、一定かつ安定した発電が見込めない風力が、設備容量的に原発を多少上回った程度では、原発による発電量には到底及ばないということです。

どうにも再エネに関するニュースは、どの新聞社も「時速と距離」を混同した内容になっている傾向です。例えチーターが最高時速120キロで走ることが出来るとしても、実際には1時間で120キロも走れない。比較の対象としては適切ではないのですね。

これはあれほど執拗かつ声高に原発の必要性を叫び続けている産経新聞も例外ではありません。逆に脱原発傾向の中日新聞の場合は、記事の最後に小さめではありますが「但し書き」によるフォローがなされています。

世界の発電能力、風力が原発抜く
2016/2/20 https://archive.is/IhIry #中日新聞

一部抜粋

<風力発電と原発>風力発電と原発はともに、二酸化炭素を出さずに発電できるという利点がある。発電能力は、発電できる最大の出力を意味するが、風力は風が吹かないと発電しないため、発電能力が原発を超えても実際の発電量は原発の方が大きいとみられる。



今回の記事は「発電能力」ではなく、「設備容量」とするのが妥当であると思います。でもまた似たような記事が出ますよ、きっとw

とはいえ、風力を含めた再エネブームというのは、これもある種の原発を売る側のリスク要因の1つと言えるのかもしれません。以前に触れた、「原発を作ってるうちに社会情勢が変わってしまうことがよくある」という話です。

‖ 現状では原発より水力

ちなみに、水力と原発を「発電量(kWh)」で比較すると、現状(2010年のデータですが、現在とほとんど変わらないと思います)では水力が2割少々上回っています。水力が3兆4000億kWh、原発が2兆7600億kWh程度でしょうか。

経済産業省 資源エネルギー庁 エネルギー白書2013 第3節 二次エネルギーの動向 【第223-1-4】世界の電源設備構成と発電電力量
2013 https://archive.is/fY1Nl

2010_enecho.png

いずれにせよ、世界の電力は圧倒的に化石燃料に頼る構造は今後も変わらないということです。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top