06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

安倍晋三内閣官房副長官(当時)の早稲田大学での講演は本当にものすごい中身だったのか? その3 

寄り道が長くなりましたが、記事によれば安倍氏の発言を受けて、反核団体が批判を展開。例えば原水協の方は、「国際司法裁判所の『核兵器の使用は一般的に国際法に合致しない』という見解」を引合いにだし、安倍氏の発言が国際法違反であると批判していますが、この話は先回説明したとおりで、実際は違反という程の話でもないのです。

‖ 核の使用まで含むのが初耳とは思えない

また、山口大学の纐纈厚(こうけつ・あつし)教授は、

 「岸答弁が、核保有だけではなく核の使用まで含むというのは初耳。政府要職にある人が核使用を言うことに危うさを感じる。核兵器を持たないと完結した国家になりえないと考えてのアドバルーン的な意味合いがあるのではないか」



とコメントしています。

しかし、私としては以前にも述べたとおり、核の使用と保有に関する議論は、核兵器の保有自体に既に使用の概念も内包しており、その源流は憲法解釈上の自衛権の範囲、すなわち自衛権の行使のための必要最小限度の実力の保持は否定されないという見解が固まった1954年の議論にあると見ています。つまり、私は当時の岸答弁には当然使用の意味も含まれていたと理解しています。

安倍氏はサンデー毎日の電話取材に対し、

 (岸答弁は)戦術核の「使用」ではなく「保有」の間違いかもしれない。「保有」か「使用」かについては調べる。ただ、「保有」と「使用」は、ほとんどイコールでしょう。



と、講演で述べた「使用」については必ずしも明確な考えは持ち合わせていなかったようにも思いますが、「ほとんどイコールでしょう」と、ある意味では直感的に述べているあたり、言葉としてはストレートすぎるような気もしますが、本質的には間違いではないと思います。

だいたい、「自衛権を行使するための必要最小限度の武器を持てるのに使えない」というのは、話としておかしいじゃないですかwたとえ核兵器であろうと毒ガス、あるいは未来兵器であろうと、社会通念上は武器の一種であることには変わりないわけです。

‖ 問題はオフレコにあったのでは?

法理論としてこういう話がありますと、授業の一環として過去の答弁を紹介するというのは面白い試みであったと思いますし、安倍氏が授業内容を揚げ足取りやセンセーショナルに取り上げること(記事の結びでは「衣の下から鎧がのぞく、・・安倍氏の場合は鎧だらけ」という記述)に憤りを感じると述べている辺りは私としても同意できます。実際、今でもこの記事は、一見すると過激に見える箇所のみを抜き出して、「危険だ!」と煽る方が後を絶たないわけです。

ただ、果たしてこの授業をオフレコでやる必要があったのかというのが疑問です。

これは先回の長妻氏への答弁書でも少し書かれていますが、授業を隠し撮りしたのが良くないみたいに当時の安倍氏は怒っていたようですが、この辺はちょっと理解に苦しみます。これでは他に聞かれたら都合の悪い話なのかと変に誤解(それを学生に教えるのかと)されるでしょうし、結果的にはオフレコにしたことが裏目に出た格好になってます。

‖ 法律論と政策論では別というのは確かに正しいのだが・・

憲法と核兵器の話は、純法律論で言えばその保有も使用も直ちに禁止とはならない。つまり安倍氏が仰るところの「法律論と政策論では別」ということになります。

こういう話は正しいわけですが、しかし、核の保有と使用を法律論と政策論で分けるという、その「正しい方法・認識論」に、全く問題がないのかというとそうでもなく、今まで散々正しいと主張してきた私も、実は少々気になる所もあるのです。

こちらの件に関しては、またタイトルを改めてという形を取らせていただきたいと思います。

- おわり -


その他参考資料

黒沢満 核軍縮入門
2011/7 http://goo.gl/bqc9f0

小川和久 14歳からのリアル防衛論
2010/2 http://goo.gl/MJufLl

小川和久 もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国
2011/2 http://goo.gl/lFIhxR

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top