01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

冷やし狸庵に民進党衆議院議員・逢坂誠二氏がやってきた! 

‖ 珍しいお客様

昨日の日米原子力協定と民進党衆議院議員・逢坂誠二先生にかんする記事なんですが・・。

何と、逢坂先生ご本人が当ブログの該当記事をご覧になり、その上、わざわざご自身のツイッターアカウントで紹介して頂いたのです!




こちらこそ、わざわざこのような田舎の小料理屋程度の規模の隠れ家的なブログにお越しいただきまして、大変恐縮です。


‖ 逢坂先生の質問も虚しく・・

しかし、せっかく先生が原子力特別委員会で質問をしていただいたにもかかわらず、相変わらず原発反対派の中では「日米原子力協定を破棄してこその脱原発(原発ゼロ)」といった論説が主流であり、むしろ逢坂先生や私のような立場は少数派という位置付けになるのだと思います。場合によってはアメリカCIAや電力会社の手先扱いでしょうwまあそれだけ3.11後の原発反対運動がいろんな意味で迷走しているとも言えるのだと思いますが・・。

これは想像ですが、この間逢坂先生はいろんな原発反対の市民、反原発団体から・・

逢坂先生、日本が原発をやめられない本当の理由をご存じですか?実は日米原子力協定が・・

なーんて話を、遊説先や講演会などでしつこいほど吹き込まれたんじゃないかなあと思うんですよ。

でも、話が大きくなるのはむしろこれからじゃないかと思うんですけどねw

逢坂先生、日米原子力協定、実はこれの期限が2018年に切れるんですが、ここでキッパリ破棄しないと日本は二度と原発をやめられなくなるんです!もう時間がないんですッ!!

なーんて話をしつこく聞かされることになるんじゃないかなあとw

かと言って、そういう変にマジメな人相手に「お前らネットde真実を見すぎだろw」、「原発反対よりまずはメディア(ネット)リテラシーを養え、話はそれからだ!」なんて正論を言うわけにもいかないでしょうし、なかなか政治家というのも大変ですね。あまりストレートに物を言いすぎてしまうと、今度は「逢坂は北電(北海道電力)に買収されたんだ!」とか言われてしまいかねませんからw

まあ結局こういうのは、何もかも全てにおいて、あの方の責任ですよ。

逢坂先生、恨むならこの人ですよ!

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top