01// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. //03
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

核兵器の先制不使用政策の賛否は核保有国の哲学の違いであり、アメリカの先制不使用の検討に同盟諸国が懸念を示すことは核廃絶に矛盾するとも限らない その1 

アメリカのオバマ大統領が核兵器の先制不使用政策の採用を検討しており、それに対して日本を含めた同盟諸国から反対論が出ているという話は、私の知る限りでは先月の中旬あたりからありましたが、より大きな話題となったのは、今月に入ってからの事だと思います。主要メディアがワシントンポストの記事を紹介する形で、安倍首相が先制不使用政策に反対しているという記事が出でからですね。マスコミの論説やネットの反応等を見てみると、やはり「安倍総理は核廃絶を目標としているのに矛盾してるじゃないか!」みたいな否定的な意見が多数派であるように思います。

安倍首相、米の核先制不使用検討に反対伝達
2016/8/16 http://archive.is/qCjpK #日本経済新聞

一部抜粋

【ワシントン=川合智之】15日付の米紙ワシントン・ポストは、オバマ米大統領が核兵器を最初に使わない先制不使用宣言を検討していることについて、安倍晋三首相がハリス米太平洋軍司令官に反対の意向を伝えたと報じた。北朝鮮などへの抑止力が低下し、紛争リスクが高まる懸念があると伝達したとしている。



‖ 核兵器の先制不使用について

ここで本題に入る前に、まずは「核兵器の先制不使用」の定義について少しまとめてみたいと思います。

核兵器の先制不使用(No first use=NFU)とは、直訳すれば「最初に使わない」という意味になりますが、これは基本的には、戦争時において攻撃の受け手がどのような判断を優先するのかを示すものです。仮に攻撃側が核兵器以外の攻撃手段を用いた場合、そこで受け手が核兵器を使ってしまうと核兵器を先制使用することになりますので、先制不使用とは相手が核兵器を使って来ない限りは受け手も使わないということになります。

‖ NPT上の核兵器国における先制不使用政策への対応とその理由

核兵器の先制不使用に関しては、例えばNPT上の核兵器国でもその対応が分かれるというのが実情です。

先制不使用を採用しない国を挙げると、アメリカ・イギリス・フランスで、先制不使用を採用していると言われている国は中国になります。ロシアの場合は少し特殊で、冷戦時代(旧ソ連)は先制不使用政策を採用していましたが、冷戦終結後に撤回しています。

次に、核兵器を保有する側の立場に立ったうえで、なぜ各国が先制不使用について異なる対応を取るのかを考えていきます。

先制不使用を採用しない国としては、反撃の手段として核兵器を用いる際、そこに条件を付けることが安全保障上不利になると考えているようです。核兵器を保有していても、例えば通常兵器・生物化学兵器への対応として核兵器を用いない(先制不使用)とすれば、その分だけ自国の核抑止力を弱めることになる(と考えている)。そこであえて、「意図的なあいまいさ」を残す戦略とする。ひいてはそれが戦争を未然に防ぐ抑止力として機能する。このような考え方は先制不使用を採用しない核保有国の伝統的手法と言えるでしょう。

一方で先制不使用を採用する国としては、例えば他の核兵器国よりも通常・核戦力において劣位である場合、あえて不使用を宣言することで自国の安全保障を高めることを期待している節があります。核兵器を保有していても相手が核を撃ってこない限りは使わない。このように宣言すれば道義的・政治的な見地から他の核保有国からの威嚇や攻撃をためらわせ、同時に国際世論の同情を得る効果も期待できる。戦力の差を埋め合わせるための手段としての先制不使用策という位置付けです。

結局のところ、核兵器の先制不使用政策の可否に関しては、核保有国それぞれにとっての置かれた立場、すなわち政治・軍事・地政学・国際情勢等といった要因が絡んでおり、どちらを採用するかは一言で言えば、核保有国の「核哲学の違い」ということになるのだろうと思います。そしてどちらの政策を採用するにしても、本質的には核兵器を保有する国の安全保障を高める戦略には違いないわけですから。

‖ 使用も不使用もあいまいさは残る

なお、先制不使用政策を採用する国にもいろいろな意味で「あいまいさ」が残る事例が多いのが実情です。ロシアは旧ソ連時代は先制不使用を採用していたとはいえ、その裏でNATOとの有事の際には先制使用も検討していたという事実も明らかになっていますし、結局冷戦終結後(ロシア)は先制不使用政策を撤回し、近年は核への依存度を高めているのは周知のとおりです。中国は1964年の核実験から一貫して先制不使用政策を堅持していると言われていますが、軍事ドクトリン(基本原則)や核兵器の配備状況等にかんする透明性の欠如や台湾問題もありますし、先制不使用はあくまで対外的な宣伝に過ぎず、近年軍内部では先制使用を想定しているとの報道もあります。

このようなわけで、私としては核兵器の先制不使用政策の賛否について、そこには特別な意味合いというか、善悪の区別はつかないものと考えています。

どうにも最近の一連の報道を見ていますと、「先制不使用=善、反対=悪」という前提に立った論説が多く、それに賛同する意見も多いようですが、私はそのような流れに少々違和感を感じています。

その2につづく


 今回は便宜上NPT上の核兵器国のみを扱いましたが、それ以外の核保有国でも先制不使用政策を採用する国はあるとはいえ、どれも額面通りに受け取るのは危ないような気もします。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき放談

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top