02// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //03
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

【動画】 ニッポンの火力発電がスゴイ!石炭・LNG発電の最新技術 +感想を少々 

2回目は火力発電ネタを紹介したいと思います。今回は「YOUTUBE」からの転載ですので、これは誰でも見ることが出来ると思います。





‖ 電力の趨勢は火力発電、もちろん環境にも配慮

世界のエネルギー(電力)の趨勢は何かと問われれば、それは原子力でも再生可能エネルギーでもなく、化石燃料になります。国際エネルギー機関(IEA)などの予測にもありますが、特に石炭と天然ガスですね。大ざっぱに見て6割~7割程度は化石燃料ということになります。こうした情勢は今後とも変わらないと思います。

しかし、化石燃料というのはどうにもウケが悪い。残念なことに、原発反対派の方までもが、大げさに言えば「火力発電所を打ち壊せ!」とやりたがる傾向が強いのです。脱原発であり、同時に脱化石燃料などと仰る方も少なくありません。私から見れば、少々欲張りが過ぎるのではないかとも思うのです。

世界の趨勢は今後も化石燃料なのですから、問題はその使い方にあります。幸いその点、石炭やLNG(液化天然ガス)の扱い方に関しては、日本の技術力は先進国間でもトップクラスにあります。


電源開発:日本の石炭火力発電所はクリーン
http://www.jpower.co.jp/bs/karyoku/sekitan/sekitan_q02.html

画像をクリックすると拡大表示されます

jpower.png


これは石炭火力の事例ですが、このように、先進国間で比較しても日本の技術が優れているわけです。

これに対して中国・インドなどは文字通り、「モクモク・・」と出る数十年以上前の水準のものが数多く使われているわけで、これが問題なのです。エネルギーの品質よりも手っ取り早さを優先させている。この点を改善することが何より重要なのだと思います。

原発事故を経験した今だからこそ、国内外の電力事情を踏まえ、改めて化石燃料(石炭・LNG)に目を向けてみる必要があると思います。そういう意味でもこの動画はオススメです。

ちなみに、動画や資料に出て来る「J-POWER(電源開発)」ですが、青森県で建設中の大間原発を所有する会社として有名ですね。もちろん原発はいけませんが、私は電源開発でも火力発電の部門であれば歓迎します。これは東電などの他の電力会社も同じことです。

それから動画に出て来る「藤森 礼一朗」氏ですが、この方は主にお昼の番組で主婦向けに原発をヨイショする人なので、私はキライです。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiyashitanukian.blog.fc2.com/tb.php/71-438012f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top