04// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //06
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

【動画】 原発事故処理費21兆円超・国民の負担さらに… +感想を少々 

原発事故処理費21兆円超・国民の負担さらに…
2016/12/9 http://archive.is/tyP2N #テレビ朝日




新電力の負担は当然…原発処理費に経産省が想定問答
2016/12/12 http://archive.is/zp3NM #テレ朝NEWS

一部抜粋

 東京電力の賠償などの費用が22兆円規模に膨れ上がり、経産省はその一部を原発に関わりのない新電力にも負担させる案を示しました。その後のANNの取材で、経産省が批判を回避するための想定問答を作り、「新電力を選ぶ人は高所得者が中心。負担させなければ所得が低い人に集中し、弱者負担という批判を招きかねない」「高所得者に負担させないのは政治として正しい姿なのか」などとしていたことが分かりました。





一応政府や経済産業省などのオフィシャルな見解としては、「原発の電気は安い」ということになっているので、「安い原発の電気を買わないユーザーは贅沢(=高所得者)である」という理屈なのでしょうか??

福島原発の事故処理費用は21.5兆円ということになっていますが、もちろんこれで確定(上限)ではないですよね。なにしろ廃炉するにしても現状では技術がないので、課題に直面するたびにその都度研究しながらやっていくしかないわけですから。

そのような廃炉の実情を踏まえると、今後も事故処理費用は増える方向に進むことが予想されます。

とはいえ、増えるとしても仮にトータルで数十兆円規模の枠内で収まるとすれば、これは別の意味でこの程度の金額でよかったと、私はそういう意味では安いとも考えています。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top