FC2ブログ
12// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //02
 

冷やし狸庵

原発・エネルギー問題を静かに考えるブログ。

【動画】 清水駅前に火力発電所!? 街づくりは・・・(静岡県) 

清水駅前に火力発電所!? 街づくりは・・・
2017/2/14 #静岡朝日テレビ



清水天然ガス発電合同会社(事業者)
http://bit.ly/2r4iZyf

説明資料
よくあるご質問

Googleマップ

静岡 清水港にLNG火力発電所を計画
2015年1月7日 http://www.peeep.us/1c2efda4 #中日新聞

一部抜粋(こちらの記事は、Chromeでは正しく表示されない可能性があります)

JR清水駅前の清水港隣接地で、液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電所の建設計画が進められている。静岡県幹部は中日新聞の取材に「百万キロワット級になるのでは」との見方を示した。実現すれば県内初のLNG火力発電所となる。

 地元関係者や県幹部らによると、計画を進めているのは石油製品加工販売業の「東燃ゼネラル石油」(東京都港区)と静岡ガス(静岡市駿河区)など。東燃の関連会社は建設予定地に既にLNG貯蔵タンクを設置しており、LNG火力発電所建設に向け、地元経済界などへの働き掛けを進めている。発電した電力は中部電力に販売するとみられる。



東燃、発電設備を2基に変更 静岡・清水区LNG火発計画
2016/8/26 http://archive.is/Tcn6w #静岡新聞

一部抜粋

静岡市清水区に液化天然ガス(LNG)火力発電所の建設を計画している東燃ゼネラル石油は25日、発電設備を当初計画の3基から2基に、発電容量を170万キロワットから約110万キロワットに変更すると発表した。コストや工期を総合的に判断した結果としている。運転開始は2021年7月から22年中にずれ込む。9月から地元で住民説明会を順次開く。
 約58万キロワット2基と約54万キロワット1基を設置する計画だったが、60万キロワット級と50万キロワット級各1基に変更する。大幅な計画変更は2度目。15年8月には、同年1月の計画発表時に200万キロワットとしていた最大発電容量を170万キロワットに減じていた。



知事と市長に「反対」要望 静岡のLNG火発計画で市民団体
2017/5/12 http://archive.is/HWYph #静岡新聞

一部抜粋

JXTGエネルギー(旧東燃ゼネラル石油)が静岡市清水区袖師地区で計画する液化天然ガス(LNG)火力発電所の建設に反対する市民グループ6団体からなる「清水LNG火力発電所問題・連絡会」(富田英司代表)は11日、川勝平太知事と田辺信宏市長に建設反対の意思表示を求める要望書を県と市にそれぞれ提出した。
 連絡会は、建設予定地が中心市街地から数百メートルしか離れていないことや、発電所が排出する二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)による環境汚染などを理由に建設反対を訴えている。



関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ: 冷やしたぬき名作劇場

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル: 政治・経済

comment(0) | trackback -- | edit

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top